MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

image via shutterstock

もうすぐイースター。人びとはいろいろなデコレーションをして春を迎えいれる準備をします。

陽のひかりを待ちわびて

イースターはドイツでは「オーステルン(Ostern)=復活祭」と呼ばれています。十字架にかけられていたイエス・キリストが三日目に復活したことを祝う、キリスト教徒にとっては一番大事なお祭り。今年2016年は3月27日から4月2日までとなっており、どの雑誌でも大特集が組まれています。

デコレーションや料理にとよく使われるシンボル的なものは、春らしい「チューリップ」「水仙」はもとより、「うさぎ」「ラム」「にわとり」「卵」。諸説ありますが、その昔13世紀頃、ものいみ(正教会における断食と、肉やアルコール類などのぜいたく品等食物品目の制限)の時期に卵を食べることが禁じられていたといいます。

イースターにぴったりなスイーツレシピ

そこで、ものいみ中に卵をカラフルにペイントし、明けたことをお祝いして卵を食べる習慣が昔からあったことから、卵はとくに「あたらしい生命」の象徴以上の大きな意味を持つようです。

そこでぜひ真似してみたいイースター・スイーツのアイディアを見つけたので紹介します。

目玉焼き型ふんわりケーキ

【材料】

・小麦粉250g

・片栗粉50g

・ベーキングパウダー小さじ2

・バター125g

・砂糖125g

・バニラエッセンス小さじ2分の1

・レモン半分の皮すりおろし

・卵2個

・塩ひとつまみ

フォンダン用の粉砂糖250g

【つくり方】

1.バター・砂糖・バニラエッセンスを混ぜる

2.塩を一つまみ加える。卵をひとつずつ混ぜて、レモンの皮のすりおろしを加える

3.ふるった小麦粉と片栗粉を混ぜる。あまりにもダマになるようなら牛乳を加える(固さはもったりするぐらいで、生地が落ちない程度)

4.直径5センチぐらいに丸めた生地を、160度で20分ほど焼く。

5.焼いているあいだに、フォンダンを用意。粉砂糖250gにレモン汁をすこしずつ混ぜていく。黄身のデコレーション用に少量とり、食紅(黄)を少々混ぜる。食紅を避けたい人は、アプリコット(半分)で代用可。

6.焼きあがったケーキをさまし台にのせてあら熱をとる。よく冷めたら平らなほうにフォンダンを塗って、「黄身」をのせてよく乾かしてできあがり。

このお菓子はドイツでは「Amerikaner(アメリカーナ―)」と呼ばれ、どこのパン屋さんでも置いてあるもの。チョコレートクリームなど上に塗るものは他にもバリエーションが多く、子どもも大人も大好きです

イースターという習慣はまだまだ日本での認識はうすいようですが、春を迎えるワクワク気分はどの国も同じ。このお菓子を食べて、ちょっとしたイースター気分を味わってみるというのはいかがでしょうか。

Writing byキュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。