1. Home
  2. EAT
  3. イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

image via shutterstock

もうすぐイースター。人びとはいろいろなデコレーションをして春を迎えいれる準備をします。

陽のひかりを待ちわびて

イースターはドイツでは「オーステルン(Ostern)=復活祭」と呼ばれています。十字架にかけられていたイエス・キリストが三日目に復活したことを祝う、キリスト教徒にとっては一番大事なお祭り。今年2016年は3月27日から4月2日までとなっており、どの雑誌でも大特集が組まれています。

デコレーションや料理にとよく使われるシンボル的なものは、春らしい「チューリップ」「水仙」はもとより、「うさぎ」「ラム」「にわとり」「卵」。諸説ありますが、その昔13世紀頃、ものいみ(正教会における断食と、肉やアルコール類などのぜいたく品等食物品目の制限)の時期に卵を食べることが禁じられていたといいます。

イースターにぴったりなスイーツレシピ

そこで、ものいみ中に卵をカラフルにペイントし、明けたことをお祝いして卵を食べる習慣が昔からあったことから、卵はとくに「あたらしい生命」の象徴以上の大きな意味を持つようです。

そこでぜひ真似してみたいイースター・スイーツのアイディアを見つけたので紹介します。

目玉焼き型ふんわりケーキ

【材料】

・小麦粉250g

・片栗粉50g

・ベーキングパウダー小さじ2

・バター125g

・砂糖125g

・バニラエッセンス小さじ2分の1

・レモン半分の皮すりおろし

・卵2個

・塩ひとつまみ

フォンダン用の粉砂糖250g

【つくり方】

1.バター・砂糖・バニラエッセンスを混ぜる

2.塩を一つまみ加える。卵をひとつずつ混ぜて、レモンの皮のすりおろしを加える

3.ふるった小麦粉と片栗粉を混ぜる。あまりにもダマになるようなら牛乳を加える(固さはもったりするぐらいで、生地が落ちない程度)

4.直径5センチぐらいに丸めた生地を、160度で20分ほど焼く。

5.焼いているあいだに、フォンダンを用意。粉砂糖250gにレモン汁をすこしずつ混ぜていく。黄身のデコレーション用に少量とり、食紅(黄)を少々混ぜる。食紅を避けたい人は、アプリコット(半分)で代用可。

6.焼きあがったケーキをさまし台にのせてあら熱をとる。よく冷めたら平らなほうにフォンダンを塗って、「黄身」をのせてよく乾かしてできあがり。

このお菓子はドイツでは「Amerikaner(アメリカーナ―)」と呼ばれ、どこのパン屋さんでも置いてあるもの。チョコレートクリームなど上に塗るものは他にもバリエーションが多く、子どもも大人も大好きです

イースターという習慣はまだまだ日本での認識はうすいようですが、春を迎えるワクワク気分はどの国も同じ。このお菓子を食べて、ちょっとしたイースター気分を味わってみるというのはいかがでしょうか。

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    2. 「便秘は治療が必要な病気」。医師が教える4タイプの便秘

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 収入を得ることだけが仕事だと思っていませんか? | 禅僧のおことば 16

    9. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    10. 愛や結婚はあと少しと努力するもの? #心に効く言葉

    1. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    2. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    3. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    イースターに。かわいいドイツ式スイーツレシピ

    FBからも最新情報をお届けします。