1. Home
  2. EAT
  3. 家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

冠ゆき

家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

子どものSNS利用。何歳になったら許可を出せばいいのか、親としては悩むところです。

たいていのSNSは13歳以上から

アメリカには、「児童オンラインプライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act)」があり、13歳未満の子どもの個人情報の扱いが規制されていますが、私の住むフランスには、今のところそれに相当する法律がありません。

とはいえSNSの規定では、それぞれ登録に年齢制限が設けられています。

Facebook、 Instragram、 Twitter、 Youtube、Google+、 Snapchatなどでは、アカウント作成を大抵13歳以上と明記しています。(snapchatは12歳以上。google+は国によって年齢制限が異なる)

ただし、年齢証明が必要なわけでもないため、フランスでは、偽りの生年月日で参加するプレアド(思春期前の年齢層8~13歳)も多いとみられています。

これを危惧し、EUでは現在16歳以下の子供のSNS登録に親の許可を必要とする制度を検討中です。

SNS参加=危険ではもちろんありませんが、外にさらされる面が増えるほどリスクが高まるのは事実です。大人でさえ、不用意に個人情報を漏らしてしまうこともあるネット世界。子どものリスクは推して知るべしでしょう。

身近にあった脅迫事件

私の周りでは、最近こんな話がありました。

ツイッターでチャットをしながら、マインクラフトで遊んでいた知り合いの男の子が、ゲームで知り合った大人に目をつけられ、脅されたのです。

ゲーム仲間としてネットで知り合った相手でしたが、あるとき突然「俺はハッカーだ、PCにウイルスを送り込まれたくなければ、裸の写真を撮って送れ。お前のFacebookを見たから、もう住所も学校も割り出し済みだ」という脅迫をしかけてきたのだそう。

その子どもの家は共働きで、昼間は誰も家にいません。おそらくそういう事情も、前もって聞きだしてあったのではないかと思います。

こんな話、大人がいれば「ばかばかしい」と無視できますが、子どもだと、その判断がつかないこともあるでしょう。

彼の場合、幸い親に相談したため大事に至ることはありませんでしたが、被害届を出しに行った親は、同じような事件が増えているという話を警察で聞いたそうです。

親の取るべき姿勢

批判精神が育った年齢として13歳はひとつの目安になりますが、「つまりは、年齢よりも成熟度のほうが大切だ」と、心理学者ヤン・ルルー氏は「Le Parisien 」誌上で述べています。

逆に言えば、13歳を過ぎたからといって、まるっきり放任して安心できるわけでもありません。親としては、どういう態度をとるべきか。

今の親がティーンエイジャーだったころには存在しなかった事象ですから、モデルが存在せず、悩む人も多いようです。

上述のヤン・ルルー氏によれば、つぎの2点が大切です。

子どものSNSに関心を持ち、会話に取りこむ

子どもがインターネットを駆使して広げる世界に、関心を持つこと。そして、家族の会話に、子どものネット趣味の話を取りこみましょう。

SNSライフが上手くいってるときに、家族とその話をする習慣を持っていれば、何か問題が持ち上がったときにも、口に出しやすくなるでしょう。

(「Le Parisien」誌より翻訳引用)

探りを入れるのも、盗み見るのもNG

子どもから誘われたのでない限り、FBで子どもの「友達」になることはありません

(親の介入があると)子どもたちは、より痕を残さないSnapchatのような別のSNSに走るだけです。

(「Le Parisien」誌より翻訳引用)

また、子どもがログアウトし忘れているのに便乗して、投稿を盗み見るのもいただけません

監視はしないけれど見守り、興味は持つけれど口出しはしない。10代の子どもとの距離の取り方には微妙な均衡が必要です。

まずはSNSも含め、いろんな話のできる親子関係を築き、子どもの成長を感じることで、上手に距離を保てるようになりたいものです。

Le Parisien

image via Shutterstockk

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?