1. Home
  2. EAT
  3. 家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

冠ゆき

家族の会話がカギ。「SNS」を上手に楽しむ方法

子どものSNS利用。何歳になったら許可を出せばいいのか、親としては悩むところです。

たいていのSNSは13歳以上から

アメリカには、「児童オンラインプライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act)」があり、13歳未満の子どもの個人情報の扱いが規制されていますが、私の住むフランスには、今のところそれに相当する法律がありません。

とはいえSNSの規定では、それぞれ登録に年齢制限が設けられています。

Facebook、 Instragram、 Twitter、 Youtube、Google+、 Snapchatなどでは、アカウント作成を大抵13歳以上と明記しています。(snapchatは12歳以上。google+は国によって年齢制限が異なる)

ただし、年齢証明が必要なわけでもないため、フランスでは、偽りの生年月日で参加するプレアド(思春期前の年齢層8~13歳)も多いとみられています。

これを危惧し、EUでは現在16歳以下の子供のSNS登録に親の許可を必要とする制度を検討中です。

SNS参加=危険ではもちろんありませんが、外にさらされる面が増えるほどリスクが高まるのは事実です。大人でさえ、不用意に個人情報を漏らしてしまうこともあるネット世界。子どものリスクは推して知るべしでしょう。

身近にあった脅迫事件

私の周りでは、最近こんな話がありました。

ツイッターでチャットをしながら、マインクラフトで遊んでいた知り合いの男の子が、ゲームで知り合った大人に目をつけられ、脅されたのです。

ゲーム仲間としてネットで知り合った相手でしたが、あるとき突然「俺はハッカーだ、PCにウイルスを送り込まれたくなければ、裸の写真を撮って送れ。お前のFacebookを見たから、もう住所も学校も割り出し済みだ」という脅迫をしかけてきたのだそう。

その子どもの家は共働きで、昼間は誰も家にいません。おそらくそういう事情も、前もって聞きだしてあったのではないかと思います。

こんな話、大人がいれば「ばかばかしい」と無視できますが、子どもだと、その判断がつかないこともあるでしょう。

彼の場合、幸い親に相談したため大事に至ることはありませんでしたが、被害届を出しに行った親は、同じような事件が増えているという話を警察で聞いたそうです。

親の取るべき姿勢

批判精神が育った年齢として13歳はひとつの目安になりますが、「つまりは、年齢よりも成熟度のほうが大切だ」と、心理学者ヤン・ルルー氏は「Le Parisien 」誌上で述べています。

逆に言えば、13歳を過ぎたからといって、まるっきり放任して安心できるわけでもありません。親としては、どういう態度をとるべきか。

今の親がティーンエイジャーだったころには存在しなかった事象ですから、モデルが存在せず、悩む人も多いようです。

上述のヤン・ルルー氏によれば、つぎの2点が大切です。

子どものSNSに関心を持ち、会話に取りこむ

子どもがインターネットを駆使して広げる世界に、関心を持つこと。そして、家族の会話に、子どものネット趣味の話を取りこみましょう。

SNSライフが上手くいってるときに、家族とその話をする習慣を持っていれば、何か問題が持ち上がったときにも、口に出しやすくなるでしょう。

(「Le Parisien」誌より翻訳引用)

探りを入れるのも、盗み見るのもNG

子どもから誘われたのでない限り、FBで子どもの「友達」になることはありません

(親の介入があると)子どもたちは、より痕を残さないSnapchatのような別のSNSに走るだけです。

(「Le Parisien」誌より翻訳引用)

また、子どもがログアウトし忘れているのに便乗して、投稿を盗み見るのもいただけません

監視はしないけれど見守り、興味は持つけれど口出しはしない。10代の子どもとの距離の取り方には微妙な均衡が必要です。

まずはSNSも含め、いろんな話のできる親子関係を築き、子どもの成長を感じることで、上手に距離を保てるようになりたいものです。

Le Parisien

image via Shutterstockk

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?