1. Home
  2. STYLE
  3. パリジェンヌがブランドバッグを持たない理由

パリジェンヌがブランドバッグを持たない理由

1,755

Mao SHIMONO

パリジェンヌがブランドバッグを持たない理由

美しい街並のパリを颯爽と歩くパリジェンヌの姿は憧れの的。

小さい顔に長い手足。なんでも着こなせる素質をすでにそなえているパリジェンヌだが、ファッションへのこだわりは日本人とはひと味違っている様子。

ロゴではなく質のよさでバッグを選ぶ

ミディアム丈の内巻きのブロンドの髪に大きめの黒ぶちメガネがよく似合う、30歳のあるパリジェンヌ。彼女は、ブランドものを身につけることについて次のように考える。

「ブランドものとわかるような、ロゴが堂々と見えるバッグは絶対持ちたくない。それは、エレガントではない印象を与えるから。もちろん、質の良いブランドもののバッグを持つことには賛成だけど、そのロゴを堂々と見せるのは気恥ずかしいとすら感じてしまいます」

フェミニンで美しく、かつ知的な印象を与えるタイプの彼女。パリジェンヌのファッション観の根底にあるのは、あくまでも「自然体であれ」ということ。

ブランドもので自分を引き立てようとするのは、素の自分が放つ魅力をかき消してしまうことも。主張しないおしゃれを選択し、自然体の自分をアピールすることこそが、彼女らの放つエレガントさのカギと言える。

パリジェンヌのファッションのこだわり

160315parisienne3.jpg

また、34歳のパリジェンヌはファッションへのこだわりについてこう教えてくれた。

「意識したことはないけど、選ぶ基準はコンフォターブル(快適)であるかどうか。カバンも、パソコンやA4ファイルをざっくり入れて持ち歩ける、メンズもの。服だって、快適に過ごせるものならなんでもいい(笑)」

フレアジーンズに大きめのニットカーディガンをざっくりと羽織り、ユニセックスのノーブランドバッグを肩から下げる姿は様になっている。こんなに着こなしが上手いと感じさせるのに、ファッションに気を使わないという意外な回答に驚く。同時に、「自然体が美しい」とはこういうことなのか、と思える。

美しさを得たいなら、素の自分を好きになる

このように、意外とファッションを難しく意識していないところに、パリジェンヌらしさがあるのかもしれない。ファッションよりも、仕事や趣味でみっちりと詰まった一日のスケジュールを忙しくクリアしていくことにこそ、頭が一杯の彼女たち。

本当の美しさは、顔のつくりなどにあるのではなく、パリジェンヌのように、堂々たる自分の素の姿で勝負しようとする姿勢にこそあるように感じる。

自分が備えもつ姿を愛おしみ、自分なりのエレガントさを追求することこそが彼女らの「おしゃれ」。その姿は、シンプルでナチュラルだからこそ際立つ、一輪挿しの花のように美しい。

photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験