1. Home
  2. EAT
  3. 待つストレスにさよなら。今よりもっとフリータイムをつくる方法

待つストレスにさよなら。今よりもっとフリータイムをつくる方法

小口梨乃

待つストレスにさよなら。今よりもっとフリータイムをつくる方法

仕事に、子育てに、毎日奮闘している女性たちにとって大切なのは、心と体のバランスを保つこと。ショッピングや映画など、自分が好きなことをするのも、効果的なリフレッシュ法のひとつです。

とはいっても、なかなか自分のために時間を割くのはむずかしいもの。わたしも毎日が時間との戦いです。

娘を幼稚園に送り出したら、家事もそこそこに打ち合わせに出かけ、帰宅して原稿を書き、気づけばもうお迎えの時間。「あとすこし時間があったら......」と願わない日はありません。

「通院」自体が大きな悩みのひとつ

とくに困るのは、具合が悪くて病院に行きたいとき。

好奇心旺盛な4歳児を連れて病院に行くのはなかなか大変で、じっとしていられず、待ちくたびれてさわぐことも。それに、ところかまわずさわるので、病気がうつる心配もあります。

娘が幼稚園にいる間に病院に行くこともありますが、風邪が流行している時期などは、診察を待つ患者さんで長蛇の列。

お迎えに間に合わないかもしれないとヒヤヒヤしながら、やっとのことで診察を終えても、会計で長時間待たされるので、一日の大半が病院でつぶれてしまいます

かしこく通院するには?

20160328_softbank_2_1.jpg

病院に通うのが億劫で仕方がない......と悩んでいたとき、ソフトバンクの「スマート病院会計」を知りました。病院の診察料や調剤薬局の薬代を、月々の携帯電話料金とまとめて支払うことができるという、3月28日にスタートするサービスなんです。

サービスの利用方法は、とてもシンプル。まず、My SoftBankで無料登録をしてから、病院の受付で「スマート病院会計」を利用することを伝えます(※1)。そして、診察を終えたら、会計を待たずに帰宅(※2)。処方箋がある場合でも、「スマート病院会計」を利用していれば、優先してもらうこともできるんです。

診察後の会計の待ち時間を、ばっさりカット

病院での待ち時間は、30分以上かかることもありますよね。待ち時間が少なくてすむなら、次の予定を気にしてイライラすることもなくなりそう。子育てに追われるママにはもちろん、仕事が忙しくてスケジュールに余裕のない人も、積極的に病院通いができそうです。

また、病院にどうしても子どもを連れてこなくてはならなかった場合も、早く病院から出られるので安心。症状が重く、会計を待つのがつらいときも、助かります。

お財布に現金が入っていなくても大丈夫

20160328_softbank_3_4.jpg

そういえば、会社勤めをしていたときは、平日は元気なのに休日になるとよく体調を崩していました。そういうときに限ってお財布に現金がなく、コンビニのATMでお金を下ろしてから、病院に行ったことも。

スマート病院会計」なら、そんなつらい思いをすることなく、診療を受けられます。休日はもちろん夜間でも当日の支払いがないので、十分な現金を持ち合わせていなくても、焦る必要がありません

使いたくなる、うれしいサービス

そのほかに、「スマート病院会計」ならではのサービスも。

通院が続いて、どのくらい医療費がかかったか気になったときは、My SoftBankから確認を。受診日時や病院名も同時にチェックできます。

また、ソフトバンク携帯を契約していなくても、家族が契約していれば申し込みが可能。たとえば、ソフトバンク携帯を利用するパパが、家族の名前を登録して、診察料をまとめて支払うこともできるんです。

キャッシュレスの通院でストレスフリーに

20160328_softbank_4_1.jpg

ちなみに、気になる利用料は1回100円。病院での待ち時間が減ったぶん、気になっていたショップに行ってみたり、カフェでほっとひと息ついたり。「あとすこし時間があったら......」の願いを叶えてくれるサービスは、忙しい毎日にフリータイムをもたらしてくれるかもしれません。

※1 受付の際、通常の診察と同様に、診察券や健康保険証の提示も必要となります。※2 処方箋の受渡し等でお待ちいただく場合があります。

スマート病院会計

top image, smart phone, couple via Shutterstock, Getty Images

Sponsored by ソフトバンク

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ