1. Home
  2. STYLE
  3. また一緒に働こう #HappyBackToWork WEEKS はじまる!

また一緒に働こう #HappyBackToWork WEEKS はじまる!

また一緒に働こう #HappyBackToWork WEEKS はじまる!

育休を終え、この4月から仕事に復帰する。なんとか保育園は見つかった! また働けるのが嬉しい! でも不安......。そんな複雑な気持ちを持ちつつ、この春、復職する女性たちを応援するwomenwill #HappyBackToWorkキャンペーンが3/14よりスタートしました。

Googleが呼びかける女性の働き方提案

Googleが行っている働く女性を応援するwomenwillプロジェクト。過去1年間に投稿された働くママを応援する数々のアイデアを分析し「企業・社会」「パートナー」×「働き方」「育児のあり方」という軸で発信しています。womenwillは、これらのアイデアに賛同するサポーター企業・団体が名乗りを上げ、実践することで、より女性が活躍できる社会を作っていくという取り組みです。

今回まとめられた代表的なアイデアは、

「在宅勤務が普通にできる社会に」

「時間ではなく成果で正当な評価を」

「会社の歓送迎会は夜ではなくランチ会にしよう」

「帰社時の「すいません」禁止」

「育児家事って"手伝う"ものじゃない。当然"シェアする"ものなんです」

「#HappyBackToWork」より引用

そうなったらいいな、そうして欲しいという、リアルな声が反映された働くママにはうれしいアイデアが並びます。

また、14日に行われた#HappyBackToWork WEEKS発表会では、会場の声に対して参画企業担当者がアイデアを出し合うディスカッションも。

仕事と育児以外にかがやく時間を持ちたい!という願いに対し、「志し共有。社員同士、お互いのライフプランを感じ合う(ことで実現させよう)」「自分だけでなく、子どももかがやくことを意識する(託児に預けて働いたり身だしなみを整えにいくことは悪いことではない、その間子どもも新しい発見やかがやく時間を過ごせている)」といった意見が。さらに、「権利主張の前に職務を果たす意識を持つ」といった当たり前だけど忘れてはいけない声も。

20160315_hbtw_1.jpgやりたいことをやる、諦めないことが重要。ママというライフステージだからできることもたくさんある。

リアルなワーキングマザーの声を届けます

マイロハスを運営する(株)メディアジーンも、この活動にサポーター企業としてキャンペーンに参加しています。

私たちが取り組んでいくのは、マイロハスや姉妹サイトcafeglobeを通じて、先輩ワーキングマザーの「BackToWorkストーリー」を紹介していくこと。

子どもを産み、育児をして、社会から離れている期間が長いほど復職前は本当にいろんな不安を覚えます。はじめはわからないことだらけで、ストレス......。でも、同じ経験をした先輩たちのアドバイスやストーリーを聞くことで、悩みの答えが見つかり、新たな発見や自分らしく働くこと、働き方がみえてきたらステキだと思うんです。

復職時の不安は、きっと解消できる

まずは、先日マイロハスで行った復職経験者へのアンケートからうれしい結果をご報告。

Q:復職前不安に思っていたことを教えてください。

A:「育児との両立」「勘が戻るかどうか」「社会人として、自分でもちゃんと通用するのか」「時短で仕事をこなしきれるのかどうか」「時間のやりくりできるか」「保育園に預けられるか」「保育園に預けることが不安だった」 など

上記のように、復職前にはさまざまな不安を持っていたと回答していましたが、

Q:復職してみて、その不安は解消されましたか?

解消された...43%

解消されない...6%

新たな不安や悩みが次から次へでてくる...31%

その他...20%

復職後に、悩みが解消されたと回答した方が一番多く、解消されないと答えたのは、わずか6%でした。新たな悩みが次から次へという回答も2番目に多かったのですが、育児や仕事にはつねに不安や悩みが生じるものと割り切れば、復職前の不安はほぼ解消されているのではないかなと思います。

実際、復職を2度経験した立場で言わせてもらうと、1人目の育休から復帰するときは、とても不安で毎日緊張していました。復帰してからもしばらくは自分のペースがつかめず、子どももなかなか保育園に慣れず......「何してるんだろう?私」とブルーになったことも。思わず手帳に「とりあえず1ヵ月がんばる!」と太文字で書いてしまったほど。でも、気づけば1ヵ月、2ヶ月とすぎて、産休前のように動けるようになり、時短勤務のペースもつかめ働けるようになっていました。そう、人って慣れるんです。

そして仕事に貢献していければ、やりたいことはできるようになるし、きっと道は開ける! と思っています。ちなみに、2人目の復職時は、もう手帳にそんなこと書くことも忘れ、復職前に6カ月定期をドーンと買えるくらい仕事に戻るのが楽しみでした。やっぱり働くって楽しいんです。

ワーキングマザーあるあるが詰まった #HappyBackToWorkコンセプトムービー

引き続き、心地よい働き方を探しながら今日も奮闘している先輩ママたちのストーリーを展開していきます。

(マイロハス編集部・丸山)

あわせて読みたい

切り替え上手でバランス重視。仕事も育児も人生も楽しむ女性の秘訣

30代女性。働くって楽しいと思える毎日にするために

30代女性。結婚・妊娠・出産を経て、働き続けるために必要なもの

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    4. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    5. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    6. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    7. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    8. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    9. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    6. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    7. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    10. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら