1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら【おしゃれのおさらい】

30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

30代、定番ボーダーTシャツがしっくりこないなら【おしゃれのおさらい】

大人になるにつれ、子どもの頃から着続けている、いわゆるTシャツが似合わなくなっていく......そのしっくりこない感じ、みなさん経験済みなはず。そして、定番のボーダーTシャツにも同じような違和感が出てきたという話を、最近よく耳にします。

大好きボーダーTもう着られないの?

Tシャツ同様、カジュアルな印象の強いボーダーTは、体型や、顔つき、肌質の変化により、若い頃と同じ感覚で着こなしていると、しっくりこなくなってしまうのは仕方ないこと。だからといって「ボーダーTはもう着ない」という選択肢はちょっと待った! 大好きだったボーダーTを、ずっと大好きでいられる選び方のポイントがあるんです。

大人こそ似合うボーダーTのポイント

具体的に大人の女性におすすめのタイプをいくつか紹介していきます。

体型カバーをしたいなら

気になる二の腕まわり、肩まわりをゆるっとしたシルエットでカバーしてくれる、身幅広めの、ドロップショルダータイプ。なんか窮屈、太って見える気がする......と言う人は、体のラインを拾いにくい、このタイプを、まずは試してみてください。

20160328_osarai_blue.jpgドロップショルダープルオーバー 5,000円(税込)/ ニーム エ ニーム

トレンド感でさみしくみせない

今年よく出ている丈が短めで、より身幅にゆとりがあり、デザイン性の高いタイプのボーダーT。ワイドシルエットのボトムスとも相性バッチリです。しっかりした生地なら、華奢な人が着てもさみしくなることなく、ほどよいラインを保ってくれます。

20160328_osarai_trend.jpg七分袖プルオーバー 9,500円(税抜)/マリン フランセーズ(以下M)

あえてニット素材を選んでみる

ちょっと荒技ですが、素材をカットソーではなくニットにしてしまうという手段も。(ちなみにわたしは、もっぱらニット派です)太めの糸で編んだものだと、カジュアルさが強く出てしまうので、細い糸で編まれたしなやかさのあるタイプを選びましょう。ニットのその女性らしい質感と、カジュアルなボーダー柄が、いい具合にMIXされ、大人が着るのにちょうどいいんです。透け感があるものを選べは、軽やかでおしゃれ度もアップしますよ。

色とボーダー幅でマンネリ感を打破

着まわししやすく登場回数も多いボーダーT。着続けていると目が慣れ、どうしてもマンネリ感がでてしまいます。そんなときは思いきって、カラフルなものを選んでみるのもおすすめです。春夏は、きれいな色のアイテムがたくさん出まわる季節。今まで挑戦してこなかったカラーのものを選び、新鮮さをプラスしてみましょう。

20160328_osarai_yellow.jpgボートネックプルオーバー 9,000円(税抜)/M

さらに、いつも均一なボーダーを選んでいるなら、変化球ボーダーに挑戦してみるのも◎。無地の面積が多く、ランダムに入るラインのものを選ぶと、カジュアルさが抑えられ、すっきり大人っぽく着こなすことができると思いますよ。

20160328_osarai_short.jpgフレアスリーブ プルオーバー 8,000円(税抜)/M

重たいコートを脱ぎすて、ボーダーTが大活躍する春。今の自分にこそ、しっくりくる一着を見つけておしゃれを楽しんでくださいね。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

[問]ニーム エ ニーム アトレ吉祥寺店|0422-22-2469/マリン フランセーズ アン・ファム ルミネ新宿店|03-5323-8850

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?