1. Home
  2. EAT
  3. 栄養満点ココナッツパウダーの使い方

栄養満点ココナッツパウダーの使い方

7,454

キュンメルめぐみ

栄養満点ココナッツパウダーの使い方

脚光を浴びるココナッツ。スポーツの際にココナッツウォーターを飲んだり、料理にココナッツオイルを使うことも定番化してきました。

そして今、それに追随する勢いを見せているのが、「ココナッツパウダー」なんです。

ココナッツパウダーの人気のひみつは栄養価の高さ

おいしいお菓子を作って食べたいけれど、カロリーを抑えたい。ココナッツの風味が大好き。そんな人がスイーツを作る際には、小麦粉の代用としてココナッツパウダーはおすすめ。

インスタグラムにも、ココナッツパウダーを使ったお菓子がたくさんアップされています。

カスピ海ヨーグルトにグルテンフリーグラノーラを+。さらに、ココナッツパウダーをトッピングして簡単ヘルシーな朝食メニューが完成。

この時期おいしいイチゴ大福にココナッツパウダーをまぶして。新感覚の和スイーツに。

シンプルなクッキーは、ココナッツの香りが引き立ちそう。

ココナッツパウダーは、ココナッツの実を乾燥させ挽いたもの。乾燥のプロセスで脂質が抜けるため、カロリーが低くコレステロール・フリーなんです。よくお菓子作りや、ケーキのデコレーションとして使われているココナッツ・ロングに比べると、そのカロリーは4分の1になるそう。

さらに、栄養価が高いながらも、たんぱく質が豊富ですべての必須アミノ酸を蓄えているため、血糖値を下げてくれる働きを持つことから、女性のダイエットの強い味方となってくれます。

いろいろな料理に応用できる

繊維質が非常に多く(大さじ1杯に5g)、消化がよいこと。グルテンフリーなので、セリアック病などのアレルギーを持つ人にもおすすめだということも見逃せません。

アレルギーを気にせず使えるため、様々なお料理のバリエーションが広がり、楽しむことができそうです。

私が実際に使ったみたところ、テクスチャーはまるで米粉のようにサラサラしているので、混ぜる際にはとても扱いやすい印象を受けました。

小麦粉のようにダマになることもないので、お菓子以外にもソースなどを作るのに使用しています。

また、粉自体にほのかな甘みといい香りがするために、砂糖の量を減らすことができ、お菓子がとっても上品に仕上がり、変な胸やけがしないんです。

私の中で、まだまだ研究途上のココナッツパウダー。オリジナルのレシピを発見していきたいと思います。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    2. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. やせないときに試したい。ダイエット成功の秘訣3つ

    9. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました