1. Home
  2. MIND
  3. 年齢に合わせて選ぶ、母のやさしさから生まれたオーガニック石けん

年齢に合わせて選ぶ、母のやさしさから生まれたオーガニック石けん

冠ゆき

年齢に合わせて選ぶ、母のやさしさから生まれたオーガニック石けん

Enfance Paris(アンファンス・パリ)は、2015年に生まれたフランス初の子ども向けオーガニック化粧品ブランドです。最初に売り出されたのは石けん。年齢層別の肌の特徴を考慮し、0~3歳、3~8歳、8~12歳用の3種がラインアップされています。

160314cosme_top.jpg

たしかに、デリケートな赤ちゃんの肌と、わんぱく盛りの年齢の肌が必要とする清浄効果は同じではないでしょう。3種どの石けんにも共通する原材料は、シアバターですが、それ以外の油分や、香りにもなるエッセンシャルオイルは、異なるものが使われています。

また、子どもの乾燥肌用ブレンドオイルも最近開発されました。当然ながら、化学物質やアルコール、パラベン、保存料、パラフィン、着色料はフリーです。

生まれてきた娘のアトピーがきっかけ

このブランドを立ち上げたのは、2児の母でもあるAgnès Laffourcade(アニエス・ラフルキャド)さん。アメリカでジャーナリズムとコミュニケーションを学んだあと、そのまま米広告代理店で経験を積んだ女性です。

150314Agnes.jpg

アニエス・ラフルキャドさん

6年のアメリカ暮らしののち、フランスに戻り、広報の仕事と、家業であるワイン醸造業の手伝いなどを経たのち、アンファンス・パリを立ち上げました。

バリバリのキャリアウーマンのアニエスが、子ども用オーガニック石けんに携わることになったきっかけは、生まれてきた娘さんのアトピー肌だったといいます。

アニエス自身、子どものころから敏感肌で、肌につける製品は、つねに注意深く選んできました。その経験から、娘さんのアトピー性皮膚炎にもすぐに気が付き、その肌に合うものを探したそうですが、納得できるものはひとつも見つけられなかったそうです。

縁とは異なもので、ちょうどそのころ、フィトケミカル専門家と知り合い、そのオーダーメイド製品を試してみると、効果はてきめん。その感動を、同じ問題を抱える母親たちに伝えたいと願ったのが始まりだそうです。

副産物は家族や友人との密な時間

製品の開発から、商品化、マーケティングと、その道のりは平坦ではなかったと思いますが、家族の絆は、かえって強くなったようです。

アニエス自身、アンファンス・パリの仕事を「冒険」と呼んでいますが、この冒険はアニエスひとりのものではなく、家族みんなのものだと語ってくれました。

「(アンファンス・パリの冒険には)夫にも、子どもたちにも協力を呼び掛けています。たとえば、パッケージの色や、香りを選んでもらったり、製品の名前を考えても らったりもしました。両親は両親で、文章校正をしてくれるし、兄弟は経理関係の手伝いをしてくれています。パッケージに製品を詰めるのも手作業で、これは 友だちの協力も得ていて、作業の後はみなでアペリティフ(食前酒)タイムになるのよ」(アニエス)

忙しいとはいえ、自分自身が120%納得した製品を扱い、家族や友だちとの密な時間も、副産物でついてくる生活。アニエスの生き生きと楽しげな表情の源は、そのあたりにあるのかもしれません。

オンオフの切り替えのために、子どもたちが学校から帰ってきたら、一切メールチェックはストップするというアニエス。「簡単なことよ」と彼女は言いますが、私には「言うは易し、行うは難し」に思えます。でも考えてみれば、こういう意志の強さを持っているアニエスだからこそ、家族での冒険をエンジョイできるんだろうなと、深く頷いた次第です。

Enfance Paris

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    2. ブラウニーでも糖質オフ可! 低炭水化物&低糖質なおやつ10種

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    5. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    6. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    7. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    8. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました