1. Home
  2. EAT
  3. 注目色「ライトブルー」、大人ならこう着る【おしゃれのおさらい】

注目色「ライトブルー」、大人ならこう着る【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

注目色「ライトブルー」、大人ならこう着る【おしゃれのおさらい】

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

3月も中盤。冬のコートを脱ぎ捨て、春アウターを着て颯爽と出かけたいところですが、まだなかなかの寒さ。暖かいコートを家に置いて出かける勇気がまだでない......。そんな中でも、春らしさを出す手っ取り早い方法が、コーディネートに春色を取り入れることです。そんな今回のテーマは大人の「ライトブルー」着こなし方についてお話しします。

クールで優しい使える色

春らしさのトレンドとして早々にお店に登場し、今も多く見られる「ライトブルー」は、この春注目のカラーです。手持ちにはベーシックなカラーが多く色ものを着慣れていない人も、抵抗なく取り入れられる貴重なカラーがブルー。レッドやイエローは着こなす自信がない......という人も、ブルー系ならハードルが低いはず。ネイビーほどかっちり重くならず、ロイヤルブルーほど主張しない、クールで優しい雰囲気を作り出してくれるライトブルーは、大人も積極的に取り入れていきたいカラーです。

顔色が悪く見えるなら「白」をプラス

涼しげなライトブルーは、肌の色をきれいに見せてくれる強い味方である反面、逆に顔色が悪く(青白く)見えてしまうという心配も。その心配は、顔周りに優しい白をプラスすることで解決です。ライトブルーのトップスを着たらパールのピアスやネックレスをプラスしてみたり、白のシャツを下に着て襟を覗かせてみたり。優しい白を選んで、温かみをプラスしましょう。

着慣れたデザインで色だけ変える

ボトムスで取り入れるのもおすすめです。たとえば、落ち感のあるやわらかい素材のガウチョパンツや、ミドル丈のスカートなど。トップスより難しく感じるかもしれませんが、ネイビー、ブラック、ホワイト、グレー、どのベーシックカラーとも相性バッチリなので、じつは合わせるものに困りません。着慣れたデザインのボトムスの色を「ライトブルー」に変えれば、すんなり自分に馴染み、トレンド感もプラスできます。

こんなに使えて今っぽい「ライトブルー」! 素材やシルエットにもこだわり、自分に合った色味をみつけて、春気分をさらに盛り上げてください。

ちなみに......

20160314_osarai_blue.jpgAラインコート23,000円 (4月中旬発売)/綿モールベルスリーブプルオーバー 16,000円/タックパンツ13,000円(ともに税別) 問:アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター 0120-298-133)

今季ライトブルーのアイテムがたくさん並んでいるのが『アダム エ ロペ』。いろいろな色味のアイテムが揃っていますよ。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    8. 食欲ないのに食べ過ぎる...「夏のうつ」がもたらす厄介な症状

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」