1. Home
  2. EAT
  3. 男性に愛される感謝上手な女性になるには

男性に愛される感謝上手な女性になるには

30代からのやさしい愛のはじめ方

2,574

斎藤芳乃

男性に愛される感謝上手な女性になるには

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もう間もなくホワイトデーですが、デパートのお菓子売り場などでお買い物をする男性たちの姿を見て、それだけ女性からの感謝や好意も多く伝わったということがわかり、思わず嬉しくなりますね。

やはり、贈られた男性も丁寧にお返しをしようとしていて、そこにはふわっと甘い感情もあったりするものです。

今回は、ホワイトデーだけでなく、男性からプレゼントをされたときに、より相手の心に残る受け取り方、感謝の気持ちの伝え方についてお話ししていきたいと思います。

●ただ受け取るのではなく、相手の影響力を認めること

男性が女性との関係でとくに感銘を受けるのが、「自分を受け入れてもらえていると感じられた瞬間」です。

受け入れられているとは、さらっと御礼を言われたり、褒められたりという程度ではなく、「自分の良い影響力を女性が喜んでくれていること」です。

誰しも自分がしたプレゼントを喜んでもらえれば嬉しいですし、逆にあっさり「ありがとう」と言われるだけだと寂しいと感じる方もいますね。

男性はとくにこの傾向が強く、本人も気づかないところで「自分がこんなに相手に良い影響を与えている!」ということを感じたがっています。

「そんなに喜んでもらえなかったな」と思うと、それは「自分をあまり受け入れてもらえなかった」と解釈し、無意識に心の距離を保ってしまいます。

見た目以上に、男性はデリケートなのです。

プレゼントを受け取るとき、ただ感謝するだけではなく、その彼が普段からあなたにしてくれていることや、過去にしてくれたことで「こんなに私の人生は豊かになっています」ということを具体的に表現してみるといいですね。

●自分のしたことを「大切にしてくれている」ことが、重要感につながる

160311love_30_1.jpg

そしてさらに、相手がしてくれたことを憶えていて、繰り返し伝えること。また、あなたのプレゼントで私の行動が変化したという事実を伝えるということも効果的です。

たとえば「あのときいただいたチョコレート、本当に美味しくて、ついリピートしてしまいました」などです。

一度自分がしたことを憶えていてくれて、その人の人生で大切にしてくれている。これは、ただ「物をプレゼントして喜んでもらえた」というだけではなく、「あなたのしてくれたこと=あなたの存在をとても大事にしている」という隠しメッセージにつながるんですね。

こうして、「物」ではなく、「物をくれたあなたの行動、物をくれたあなた自身」を大事にすることができれば、その愛情は相手にストレート伝わり、「もっとこの人のために何かをしてあげたい」という気持ちにつながっていきます。

●言葉だけでは伝えきれなかった思いを伝える

もしもあなたが大切にしている人がいても、照れや緊張などで「ありがとうございます!」しか言えなかったとしたら、あなたが相手をどんなに想っていても、その想いは伝わりづらいかもしれません。

けれど、このようにポイントを押さえることで、これまで言葉だけでは伝えきれなかった愛まで相手に伝えることができます。

今、パートナーがいて、もっと愛を深めたい女性も、片思いの彼ともっと親密になりたい女性も、こうしたポイントを押さえて、素敵なホワイトデーから最高の愛を受け取ってくださいね。

top,couple via Shutterstock

    Ranking

    1. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

    8. 顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策

    9. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    6. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら