1. Home
  2. EAT
  3. 男性に愛される感謝上手な女性になるには

男性に愛される感謝上手な女性になるには

30代からのやさしい愛のはじめ方

2,362

斎藤芳乃

男性に愛される感謝上手な女性になるには

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もう間もなくホワイトデーですが、デパートのお菓子売り場などでお買い物をする男性たちの姿を見て、それだけ女性からの感謝や好意も多く伝わったということがわかり、思わず嬉しくなりますね。

やはり、贈られた男性も丁寧にお返しをしようとしていて、そこにはふわっと甘い感情もあったりするものです。

今回は、ホワイトデーだけでなく、男性からプレゼントをされたときに、より相手の心に残る受け取り方、感謝の気持ちの伝え方についてお話ししていきたいと思います。

●ただ受け取るのではなく、相手の影響力を認めること

男性が女性との関係でとくに感銘を受けるのが、「自分を受け入れてもらえていると感じられた瞬間」です。

受け入れられているとは、さらっと御礼を言われたり、褒められたりという程度ではなく、「自分の良い影響力を女性が喜んでくれていること」です。

誰しも自分がしたプレゼントを喜んでもらえれば嬉しいですし、逆にあっさり「ありがとう」と言われるだけだと寂しいと感じる方もいますね。

男性はとくにこの傾向が強く、本人も気づかないところで「自分がこんなに相手に良い影響を与えている!」ということを感じたがっています。

「そんなに喜んでもらえなかったな」と思うと、それは「自分をあまり受け入れてもらえなかった」と解釈し、無意識に心の距離を保ってしまいます。

見た目以上に、男性はデリケートなのです。

プレゼントを受け取るとき、ただ感謝するだけではなく、その彼が普段からあなたにしてくれていることや、過去にしてくれたことで「こんなに私の人生は豊かになっています」ということを具体的に表現してみるといいですね。

●自分のしたことを「大切にしてくれている」ことが、重要感につながる

160311love_30_1.jpg

そしてさらに、相手がしてくれたことを憶えていて、繰り返し伝えること。また、あなたのプレゼントで私の行動が変化したという事実を伝えるということも効果的です。

たとえば「あのときいただいたチョコレート、本当に美味しくて、ついリピートしてしまいました」などです。

一度自分がしたことを憶えていてくれて、その人の人生で大切にしてくれている。これは、ただ「物をプレゼントして喜んでもらえた」というだけではなく、「あなたのしてくれたこと=あなたの存在をとても大事にしている」という隠しメッセージにつながるんですね。

こうして、「物」ではなく、「物をくれたあなたの行動、物をくれたあなた自身」を大事にすることができれば、その愛情は相手にストレート伝わり、「もっとこの人のために何かをしてあげたい」という気持ちにつながっていきます。

●言葉だけでは伝えきれなかった思いを伝える

もしもあなたが大切にしている人がいても、照れや緊張などで「ありがとうございます!」しか言えなかったとしたら、あなたが相手をどんなに想っていても、その想いは伝わりづらいかもしれません。

けれど、このようにポイントを押さえることで、これまで言葉だけでは伝えきれなかった愛まで相手に伝えることができます。

今、パートナーがいて、もっと愛を深めたい女性も、片思いの彼ともっと親密になりたい女性も、こうしたポイントを押さえて、素敵なホワイトデーから最高の愛を受け取ってくださいね。

top,couple via Shutterstock

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    3. 心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    7. しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

    8. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    9. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    4. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    7. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    8. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら