1. Home
  2. STYLE
  3. そのストーリーが愛しい。たいせつに育まれた食材たち

そのストーリーが愛しい。たいせつに育まれた食材たち

知恵子

そのストーリーが愛しい。たいせつに育まれた食材たち

「体は食べたものでできている」という言葉もあるように、自分や家族の体をつくってくれる食べものにはできるだけこだわりたい。そう考える私たちと同じように、あるいはそれ以上に、生産者の方々もまたこだわりを持って食べものをつくっています。

でも、あらゆるものや情報があふれ、簡単に手に入ってしまうようになった今、そういったものに込められた想いからはかえって遠ざかってしまっているのではないでしょうか?

そんな食べものの背景にある「つくり手」の想いに触れることのできる場を提供してくれるのが、「ヤンマー」が取り組む『プレミアムマルシェ』です。

「つくる人」と「食べる人」の想いをつなげる

160310_marche_01.jpgヤンマー『プレミアムマルシェ』は、日本各地での青空市場の開催や、webサイト、農や食をテーマとするテレビ番組などを通じて、ものづくりに尽力する「つくる人」と、安心・安全で、おいしい食材を食べたいと願う「食べる人」をつないでくれます。

これは1912年の創業以来、豊作の象徴であるオニヤンマ(とんぼ)を社名の由来として、日本の農業をずっと見つめ続けてきたヤンマーだからこそ実現できた取り組みではないでしょうか。そこで今回は、『プレミアムマルシェ』で出会った「つくる人」の想いに触れてみたいと思います。

日本初ミシュラン三つ星を獲得した「ASO MILK」

160310_asomilk_01.jpgまず紹介したいのは、酪農界に革命をおこした有限会社阿部牧場さん。草地は、経年化することで土壌の質が下がるものの、時間も費用もかかるため対策がとられることが少なかったそう。そんななか阿部牧場は「牛づくりは草づくり、草づくりは土づくり」をモットーに、草地更新を実現。その結果、牛のエサとなる牧草がより栄養価の高いものになりました。

160310_asomilk_02.jpgいい牧草を食べて、のびのびと育つ牛のフンはそれほど臭わないそうですが、それだけでなく「牛乳の香りや味」にも影響が出ます。そこで「牧草の香りがする牛乳をつくりたい」と努力が重ねられた結果、阿部牧場の牛乳と飲むヨーグルトは、日本で初めて「食品のミシュランガイド」と称される国際的な食品コンクールで最高栄誉である三つ星を獲得しました。

すがすがしい香りが特徴的で、糖度が12度もあり、まるでフルーツのような甘さと言われる「ASO MILK」。その背景には、実の子どものように慈しむ、牛たちへの深い愛情がありました。酪農の未来を見据え、「寝る間を惜しんでも行動するべき」とみずからを鼓舞する阿部牧場さん。その姿勢に、未来の酪農を担う頼もしさを感じます。

100年の畑より生まれた「ノンアルコールワイン」

160309_marche_wine01.jpg次にご紹介したいのは、大阪の自家農園で「河内ワイン」シリーズや「たこシャン」など地域性を活かした個性豊かな商品を世に送り出すカタシモワイナリーさん。大正元年にワイン醸造に成功して以来、伝統を引き継ぎながら日々研鑽を重ねています。

160309_marche_wine02.jpgそんなカタシモワイナリーさんの「葡萄果皮 KAHI」は、ワインのような口当たりのノンアルコール発酵ドリンク。大阪府にエコ農産品として認定を受けた減農薬栽培のデラウェアの皮と種からつくり、その搾り粕を土に還元させているため、農地そのものも栄養分が豊富で健康なのだとか。

そのお味は、すっぱい葡萄ジュースといった感じで力強くて爽やか。ポリフェノールもたっぷり。「日本人に合った、上質な製品を」そんな想いがこめられたひと品です。

懐の深い農園で育った「夏野菜セット」

160309_natsu_yasai_01.jpg農作物と一言で言っても、種類によって栽培の方法や収穫の時期、また適した土の条件さえもまったく異なります。そんな、1つの食材を育てるだけでもトライ&エラーが必要な作物の栽培において、年間60品目以上にもおよぶ野菜栽培を実現しているのが、新潟の星野農園さんです。

茶豆や空芯菜、地元では糸かぼちゃと呼ばれる金糸瓜など、新潟ならではの野菜から、なかなかお目にかかることのできない野菜までさまざま。

160309_natsu_yasai_02.jpg農業は、予定通りにいかないところが子育てと通じると言われています。そう考えると60品目も育てあげるということは、途方もない努力と惜しみのない愛情が必要なはずです。それでも、星野農園のみなさんのお顔はとても幸せそう。ひとつひとつの作物と真摯に向き合い、さまざまな個性を受け入れる懐の深さを感じます。

木更津の恵みがつまった「パッションフルーツ」

160309_passion_01.jpg最後にご紹介するのは「自然いっぱいの木更津が大好きです」というJBK Farmさんが、絶対的な自信をもって送り出すパッションフルーツです。女性好みのするその甘酸っぱい味だけでなく、美容にうれしい成分もたっぷり。

南国で作られるイメージが強いのですが、千葉県の中でも木更津は、パッションフルーツを栽培するのに適した環境だったのだとか。寒暖の差が味をぎゅっと濃縮してくれるようで、その甘み・酸味・瑞々しさの黄金比を無農薬で実現しました。

160309_passion_02.jpgfacebookページを覗いてみると、自社製品のみでなくパッションフルーツに関する情報がたくさん。パッションフルーツそのものにかける熱い想いがひしひしと伝わってきます。

想いの架け橋となるサイトがリニューアル

これまで紹介した生産者に共通するのは、食材に対する真摯な姿勢。愛情がいっぱい詰まったこだわりの食材の存在と「つくり手」の想いを知るだけで、食べものがより一層愛しく、美味しく感じられそうです。

ヤンマー『プレミアムマルシェ』公式webサイトでは、ここで取り上げた方々以外にも、多くの生産者の農業にかける想いや、その背後にあるストーリー、生産物を購入可能なサイトの紹介を行っています。さらに、一流シェフによるプレミアム食材を使ったレシピなどの「食べる人」にうれしいコンテンツがたくさん。ありとあらゆる食材に触れることができるので、今後も食にこだわる者としてぜひ注目したいところです。

リニューアルするヤンマー『プレミアムマルシェ』サイトはこちら

[ヤンマー,プレミアムマルシェ]

vegetable image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    2. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    3. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    6. 「ホットフラッシュ」の対処法。人目につくから余計につらい...

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    6. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    7. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    8. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」