1. Home
  2. MIND
  3. 3月9日は部分日食!ランチ前に共感力を高める「日食ブレイク」を

3月9日は部分日食!ランチ前に共感力を高める「日食ブレイク」を

星と暮らす

景山えりか

3月9日は部分日食!ランチ前に共感力を高める「日食ブレイク」を

3月9日(水)新月です。この新月、いつもと違ってかなり特別です。というのも、「日食」が起きるんです! インドネシアなど東南アジアの一部の地域では皆既日食に、日本では「部分日食」として見られます。日本国内で見られる日食としては、2012年5月21日の金環日食以来、およそ4年ぶりです。

3月9日の部分日食はお昼前

そもそも日食とは、月が太陽の前を横切ることで、地球から見える太陽の一部分、もしくは全部を隠してしまう現象のこと。太陽全体が見えなくなる「皆既日食」、太陽がリング状に見える「金環日食」、太陽の一部が欠けて見える「部分日食」 があります。

3月9日に日本国内で見られるのは「部分日食」。太陽が南の空高く昇ってくる最中に起きるので、食の始まりから終わりまでを見られる好条件です。

日食が見られる時間帯は地域によって異なりますが、だいたい「午前10時頃に欠け始め、11時頃にもっとも大きく欠けて、12時頃に終わる」と覚えておきましょう。

各地の日食時間帯は下記のとおりです。(※秒は切り捨てています)

【札幌】食の始め:10時38分食の最大:11時18分食の終わり:11時57分

【仙台】食の始め:10時21分食の最大:11時13分食の終わり:12時05分

【東京】食の始め:10時12分食の最大:11時08分食の終わり:12時05分

【京都】食の始め:10時06分食の最大:10時59分食の終わり:11時53分

【那覇】食の始め:09時29分食の最大:10時29分食の終わり:11時33分

他の地域について知りたい人は、国立天文台のホームページが参考になります。「日食各地予報」で検索してみてくださいね。

太陽の高さや方向を今のうちにチェック!

日食中の太陽は、南東から南の方向の空にいます。当日のお天気がよくても、太陽がいる方向に高い建物があって視界がさえぎられたり、窓から見えなかったりすると、せっかくの機会が残念な結果に。

そうならないように、午前中の太陽が自分の居場所から見られるかどうか、今のうちに確認しておきましょう。

オフィスで「日食ブレイク」を

20160306_nissyoku_1.jpg肉眼で太陽を見るのはNG、日食グラスなど専用の道具を使って

食の始まりから終わりまでを見ようとすると時間がかかって大変。でも、食が最大となる頃に、チラッと見るくらいならできそうですよね。お昼前の休憩として、5~10分程度の「日食ブレイク」なんていかがでしょう? 職場の仲間たちと一緒に日食を見るのも楽しいかも!

今回の部分日食は、欠け具合が大きくないので、皆既日食や金環日食のようなダイナミックな変化は見られませんが、まるいドラ焼きをひと口だけかじったような形に、いつもの太陽の姿とは違うおもしろさが味わえます。また、太陽と月が(少しだけ)重なるという神秘を目のあたりにすることは、一生ものの感動体験となるはずです。

ところで、山登りなどの自然体験を一緒にした相手と、心が通い合って親しくなったことはありませんか? 自然には人と人をつなぐ不思議な力があります。日食という自然現象を仲間と一緒に体験すれば、共感力が高まって仕事や人間関係にいい影響があるかもしれませんよ。

でも、肉眼で直接太陽を見るのは絶対にダメ! 目を傷める可能性があり、場合によっては失明してしまうことも。なので、必ず専用の道具を使ってください。おすすめは「日食グラス」。大手の雑貨店やインターネットの通信販売などで手に入ります。とにかく安全が第一です。

日食は地球上の限られた場所でしか見ることができません。その現象を、海外や離島などへ出かけることなく、いつもの暮らしがある場所から見られることは滅多にないこと。3月9日の部分日食は、人生の中の特別な時間です。安全第一で、楽しみましょう。ちなみに、次回日本で見られる日食は、2019年1月6日の部分日食。3年ほど先になります。

[国立天文台ほしぞら情報2016]

あわせて読みたい

68年ぶりの超スーパームーンが出現!? 2016年注目の天体イベントじつは、とってもラブリーな天体!? 冥王星のエトセトラ

Photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた