1. Home
  2. STYLE
  3. たまらない浮遊感、バンジーワークアウトに注目

たまらない浮遊感、バンジーワークアウトに注目

2,036

力武亜矢

たまらない浮遊感、バンジーワークアウトに注目

運動不足を解消するために...... とスポーツをはじめると、どうにも長続きしないもの。考え方を変えて、ストレス発散できるレジャーだと思うと、俄然やる気が湧いてきます。それでシェイプアップに繋がればなおさらです。スポーツクラブにも、そんな女性の心に寄り添ったプログラムが続々登場しています。

「バンジージャンプ」がヒントになった

いま注目しているのは、宙に浮いた状態でカラダを動かすエアリアル系プログラムの最新版「Bungee(バンジー) ワークアウト」。なんと、あのバンジージャンプをヒントに開発された日本初のプログラムで、アクションを楽しみながら脂肪燃焼ができるのです。

その特徴は、筋肉を伸ばしながら力を発揮できる筋力トレーニングや、飛んだり跳ねたりというプライオメトリクス運動(※)を効率的に安全にできるところ。

30分間のプログラムは、特殊な弾性のあるチューブを使い、下記の4つの基本ポジションで構成されています。

20160317_fitness_1.jpg

<左>プランクポジション <右>スパイダーポジション

20160317_fitness_2.jpg

<左>フロントポジション <右>シッティングポジション

それぞれバランス、ストレングス(体力)、パワー、エンデュランス(持久力)をバランスよく鍛えます。体幹を鍛え、しなやかに動くカラダになれば、自然と脂肪を燃焼しやすくなります。

※プライオメトリクス運動:走る、跳ぶ、投げるなど、瞬発的な動作の改善に効果絶大といわれるトレーニング法

いち早く体験したいオンリーワンのプログラム

弾みと浮遊感を楽しみながら、効果的にバランス感覚や体幹トレーニングができる「Bungee ワークアウト」。体験できるのは、開発した「ティップ.クロス TOKYO」のみ。2016年4月1日からのスタート予定です。

気持ちよくストレス発散しながら運動にもなって、シェイプアップにも繋がるなんて。皇居ラン3日坊主だった私でも、これは続けられそうな予感がします。

[Bungee ワークアウト/ティップ.クロス TOKYO]

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析