1. Home
  2. HEALTH
  3. 3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

山中友希帆

3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

先日、3歳になった娘。気付けばオムツもはずれ、お昼寝もほぼ必要なくなり、着替えや歯磨きなど、身の回りのこともずいぶん自分でできるようになりました。それに伴い、娘が通う託児所(以降、Kita:ドイツの保育園・幼稚園などの総称)でも1歳の頃から通った「小さい子組」を修了、「大きい子組」へと進級しました。

というと「年少・年中・年長とか、年齢で分かれてないの?」と思われるかもしれません。そうなんです、これもドイツの面白いところ。ドイツでは基本的に「縦割り保育制度」を採用しています。

縦割り保育って?

ドイツのKitaではざっくり、0~3歳前後と3歳前後~6歳のふたつに分かれ、それぞれが「小さい子組(Krippe」」「大きい子組(Elementar)」として、ひとつのクラスに歳の違う子どもたちが混在する編成になっています。

このスタイル、はじめは想像し難いものでした。だって、幼い頃の一年差はかなり大きいし、身体や知能の発育状態の近い同じ年齢の子ども同士、同じ遊び(学び)をしたほうが、(根拠はないけど)絶対にいいような気がしたから。けれども、これ、ちゃんと狙いがあるみたいなんです。

年齢が下の子たちは... 上の子たちの行動を見て真似することで学ぶ

年齢が上の子たちは... 下の子たちに教えながら面倒をみることを体得する

確かに娘を見ていても、大きい子組に移って以来、日々新しいことを覚え、刺激をうけ、自立度がめきめき上がっていることを感じます。

年齢にかかわらずクラスの子と遊べるので、「同い年というくくりなく、本当に自分に合う友人を見つけられる」とか、親としても、クラス内で子どもたちの発達状況はさまざまなので、「他の子と自分の子を比較して、不必要に焦ったり心配したりすることもない」というメリットもあるように感じます。さらに、少子化で一人っ子が増える中、他の年齢の子どもと関わることで、「きょうだい」的な関係を持てることも、いいことなのかもしれません。

だいたい3歳、先生が決めるタイミング

さて、この小さい子組から大きい子組に上がるタイミングなのですが、だいたい3歳前後がめど、ということしか決まっていません。つまり「適宜」。これもまたドイツらしいポイントですね。クラスの空き状況や、その子の発育状況などを総合的にみて先生が判断し、親が打診を受けます。慣らし期間も子ども次第で、だいたい2週間ほどかけて、少しずつ大きい子組におじゃましながら、という感じが多いよう。娘の場合は、初日こそ緊張していたようですが、3日目にはすっかり大きい子組に馴染んで、5日で慣らし終了となりました。

ところで、成長レベルが違う子どもたちが、ひとクラスで一緒に過ごすということは、やることも「バラバラ」。みんな揃って同じ時間に同じこと、というわけにはなかなかいきません。食事や外遊び、スイミング、アートなどの時間をのぞいては、みんなそれぞれがやりたいことをやっています。お遊戯会や発表会のたぐいも当然ナシ。なので、従来の日本の保育スタイルのように、年齢ごとにクラスがわかれ、似通った成長レベルだからこそできる「きちんとしていて、まとまりがあり、協調性を身につけられる」教育がうらやましく思うこともあります。

けれども、こうも思うのです。そもそも社会とは、歳の違う人間が混在し、共存しているもの。年長者に学び、小さく弱きものへ配慮し、必要に応じて助け合う、そんなことを幼いうちから園生活を通して体験的に身につけることも、決して悪くないのでは、と。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第22回】無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある

【第21回】ハンブルク市は、5時間分保育料がタダ

【第20回】ドイツだって託児所不足。我が国の保活事情

【第19回】選ぶのは自由。無痛分娩を経験して思うこと

【第18回】事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情

Christian Mueller / Shutterstock.com

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら