MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. 3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

先日、3歳になった娘。気付けばオムツもはずれ、お昼寝もほぼ必要なくなり、着替えや歯磨きなど、身の回りのこともずいぶん自分でできるようになりました。それに伴い、娘が通う託児所(以降、Kita:ドイツの保育園・幼稚園などの総称)でも1歳の頃から通った「小さい子組」を修了、「大きい子組」へと進級しました。

というと「年少・年中・年長とか、年齢で分かれてないの?」と思われるかもしれません。そうなんです、これもドイツの面白いところ。ドイツでは基本的に「縦割り保育制度」を採用しています。

縦割り保育って?

ドイツのKitaではざっくり、0~3歳前後と3歳前後~6歳のふたつに分かれ、それぞれが「小さい子組(Krippe」」「大きい子組(Elementar)」として、ひとつのクラスに歳の違う子どもたちが混在する編成になっています。

このスタイル、はじめは想像し難いものでした。だって、幼い頃の一年差はかなり大きいし、身体や知能の発育状態の近い同じ年齢の子ども同士、同じ遊び(学び)をしたほうが、(根拠はないけど)絶対にいいような気がしたから。けれども、これ、ちゃんと狙いがあるみたいなんです。

年齢が下の子たちは... 上の子たちの行動を見て真似することで学ぶ

年齢が上の子たちは... 下の子たちに教えながら面倒をみることを体得する

確かに娘を見ていても、大きい子組に移って以来、日々新しいことを覚え、刺激をうけ、自立度がめきめき上がっていることを感じます。

年齢にかかわらずクラスの子と遊べるので、「同い年というくくりなく、本当に自分に合う友人を見つけられる」とか、親としても、クラス内で子どもたちの発達状況はさまざまなので、「他の子と自分の子を比較して、不必要に焦ったり心配したりすることもない」というメリットもあるように感じます。さらに、少子化で一人っ子が増える中、他の年齢の子どもと関わることで、「きょうだい」的な関係を持てることも、いいことなのかもしれません。

だいたい3歳、先生が決めるタイミング

さて、この小さい子組から大きい子組に上がるタイミングなのですが、だいたい3歳前後がめど、ということしか決まっていません。つまり「適宜」。これもまたドイツらしいポイントですね。クラスの空き状況や、その子の発育状況などを総合的にみて先生が判断し、親が打診を受けます。慣らし期間も子ども次第で、だいたい2週間ほどかけて、少しずつ大きい子組におじゃましながら、という感じが多いよう。娘の場合は、初日こそ緊張していたようですが、3日目にはすっかり大きい子組に馴染んで、5日で慣らし終了となりました。

ところで、成長レベルが違う子どもたちが、ひとクラスで一緒に過ごすということは、やることも「バラバラ」。みんな揃って同じ時間に同じこと、というわけにはなかなかいきません。食事や外遊び、スイミング、アートなどの時間をのぞいては、みんなそれぞれがやりたいことをやっています。お遊戯会や発表会のたぐいも当然ナシ。なので、従来の日本の保育スタイルのように、年齢ごとにクラスがわかれ、似通った成長レベルだからこそできる「きちんとしていて、まとまりがあり、協調性を身につけられる」教育がうらやましく思うこともあります。

けれども、こうも思うのです。そもそも社会とは、歳の違う人間が混在し、共存しているもの。年長者に学び、小さく弱きものへ配慮し、必要に応じて助け合う、そんなことを幼いうちから園生活を通して体験的に身につけることも、決して悪くないのでは、と。

Christian Mueller / Shutterstock.com

Writing by山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    3歳児も6歳児も一緒。縦割り保育のよいところ【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。