1. Home
  2. STYLE
  3. 気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

冠ゆき

気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

精神分析医でもあるパリ第七大学教授ルジョワイユー氏によれば、気持ちよく日々を送る鍵となるホルモンのひとつが、セロトニンです。

嬉しいことにセロトニンは、そのほとんどが腸内で作られるので、食べるものに気をつけることで増やすことができます。

気分を上げるために食べたい食品3種

1.サイコバイオティックスな食品

同教授によれば、セロトニンを増やすために摂りたい食品のナンバーワンは

ピクルス、ヨーグルト、シュークルートなどのサイコバイオティックス食品

Le Pointから翻訳引用)

シュークルートは乳酸発酵させたキャベツを使ったフランス・アルザス料理です。ピクルス、ヨーグルトも同じく発酵食品です。

以前マイロハスで紹介した、腸内フローラを整える、自家製「乳酸発酵野菜」の作り方腸内美人になれる。ポーランドのクリスマス料理でも触れましたが、乳酸発酵野菜は身体だけではなく、心にもいいというわけです。

同氏は、週に3回は口にしたい食品だと述べています。

2.トリプトファンを含むもの

ルジョワイユー教授がつぎに薦めるのは、トリプトファンを含むもの。

(トリプトファンは)摂取されると、セロトニンに変わります。ミシェル・ルジョワイユーが例として挙げるのは、チョコレート、卵、ココナッツ、バナナ、米、肉などです。

Le Pointから翻訳引用)

3.オメガ3を含むもの

また同教授は、気持ちを上向きにする食品として、脳ニューロンの作用を改善するオメガ3を含むものも薦めています。具体的には

週に3~5回の魚料理と緑茶

Le Pointから翻訳引用)

がよいそうです。

知られざる和食の力

ここまで読んで、気持ちよく毎日を過ごすための食事として私の頭に浮かんだのは、ずばり和食です。

まず和食には、お漬物や梅干しなどの伝統的な乳酸発酵食品があります。もちろん塩分が多めですから、摂り過ぎは禁物ですが、少しずつ食べるなら、毎日だって口にできるくらい身近な食品です。

また、2や3に挙げられている、お米、魚、卵、緑茶なども、和食には欠かせない食材ですから、食べるのに苦労することもないでしょう。

日本食ブーム、正しくは寿司ブームの動きが世界に広がって、すでに久しくなりました。けれども、普段の日本人が何を食べているのかは、意外に海外では知られていません。

普段着の和食に、人の気持ちをアップする働きが期待できるという話が広まれば、もしかしたらそのうち、第2の(本物の)和食ブームが訪れるかもしれないと夢想してしまいました。

Le Point

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?