1. Home
  2. STYLE
  3. 気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

気持ちを高めたいときは、「普通の和食」を食べるといい

精神分析医でもあるパリ第七大学教授ルジョワイユー氏によれば、気持ちよく日々を送る鍵となるホルモンのひとつが、セロトニンです。

嬉しいことにセロトニンは、そのほとんどが腸内で作られるので、食べるものに気をつけることで増やすことができます。

気分を上げるために食べたい食品3種

1.サイコバイオティックスな食品

同教授によれば、セロトニンを増やすために摂りたい食品のナンバーワンは

ピクルス、ヨーグルト、シュークルートなどのサイコバイオティックス食品

Le Pointから翻訳引用)

シュークルートは乳酸発酵させたキャベツを使ったフランス・アルザス料理です。ピクルス、ヨーグルトも同じく発酵食品です。

以前マイロハスで紹介した、腸内フローラを整える、自家製「乳酸発酵野菜」の作り方腸内美人になれる。ポーランドのクリスマス料理でも触れましたが、乳酸発酵野菜は身体だけではなく、心にもいいというわけです。

同氏は、週に3回は口にしたい食品だと述べています。

2.トリプトファンを含むもの

ルジョワイユー教授がつぎに薦めるのは、トリプトファンを含むもの。

(トリプトファンは)摂取されると、セロトニンに変わります。ミシェル・ルジョワイユーが例として挙げるのは、チョコレート、卵、ココナッツ、バナナ、米、肉などです。

Le Pointから翻訳引用)

3.オメガ3を含むもの

また同教授は、気持ちを上向きにする食品として、脳ニューロンの作用を改善するオメガ3を含むものも薦めています。具体的には

週に3~5回の魚料理と緑茶

Le Pointから翻訳引用)

がよいそうです。

知られざる和食の力

ここまで読んで、気持ちよく毎日を過ごすための食事として私の頭に浮かんだのは、ずばり和食です。

まず和食には、お漬物や梅干しなどの伝統的な乳酸発酵食品があります。もちろん塩分が多めですから、摂り過ぎは禁物ですが、少しずつ食べるなら、毎日だって口にできるくらい身近な食品です。

また、2や3に挙げられている、お米、魚、卵、緑茶なども、和食には欠かせない食材ですから、食べるのに苦労することもないでしょう。

日本食ブーム、正しくは寿司ブームの動きが世界に広がって、すでに久しくなりました。けれども、普段の日本人が何を食べているのかは、意外に海外では知られていません。

普段着の和食に、人の気持ちをアップする働きが期待できるという話が広まれば、もしかしたらそのうち、第2の(本物の)和食ブームが訪れるかもしれないと夢想してしまいました。

Le Point

image via Shutterstock

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン