1. Home
  2. MIND
  3. 老化防止やリラックス効果も。花粉の時期に飲むお茶選び

老化防止やリラックス効果も。花粉の時期に飲むお茶選び

横山かおり

老化防止やリラックス効果も。花粉の時期に飲むお茶選び

今年もやってきた花粉症の季節。このつらさ、なってみないとわからないのですが本当につらいんですよね。

少しでもその症状を緩和させるためにも、花粉症対策におすすめのお茶をご紹介します。

花粉症対策の王道ドリンク「甜茶」

花粉症対策としてよく耳にする「甜茶(てんちゃ)」。甜茶にはアレルギー物質を抑える効果があり、その効果は鼻アレルギーの治療薬並とのこと。

味も甘くて飲みやすく、砂糖とは違う甘みなので虫歯や肥満の心配もない優れもの。コストパフォーマンスもいいので、意外と長い花粉の季節にもどんどん飲めておすすめです。

女性にうれしい効果がたくさん「しそ茶」

あまり聞き慣れない「しそ茶」ですが、αリノレン酸やロズマリン酸という花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれる物質が含まれています。

それだけでなく、美容成分やリラックス効果もあるので女性にうれしいことがたくさんあります。ハトムギや麦茶もブレンドしてるので、しそが苦手な人でも飲みやすくなっています。

即効性が期待できる「べにふうき茶」

個人差はあるようですが、ピタリと体質があえば飲んで30分で鼻水が止まるほどの効果がある「べにふうき茶」。べにふうきにしか含まれていない、アレルギー症状を引き起こす抗体を抑制する力があるのだとか。

有機栽培茶で産地も明瞭なので、子どもからお年寄りまで安心して飲むことができます。

体にうれしい「スギナ茶」

豊富なミネラルと血液をさらさらにしてくれるとアレルギー対策で注目されているスギナ。水と空気のきれいな徳島の山間部で採取したスギナを100%使用したお茶は健康維持にぴったりです。

喉の痛みも緩和してくれる「ペパーミントティー」

花粉の混ざった鼻水が喉を通ることで、喉も炎症を起こしてしまうことがあります。その抗炎症作用にもなるのが「ペパーミントティー」。

もちろんアレルギー症状を抑えてくれる力もあるので花粉症対策にはピッタリです。ミントの香りで鼻づまりを解消してくれる効果もあります。

オーガニックのハーブティーなので、寝る前に飲んだらスッキリとよく眠れるかもしれません。

花粉症対策だけでなく、ほかにも体にうれしい効果がたくさんあるさまざまなお茶。飲み続けることで、体質改善も期待できそうです。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由