1. Home
  2. STYLE
  3. PMSや生理痛を和らげる骨盤ケア【月のリズムで暮らすヒント】

PMSや生理痛を和らげる骨盤ケア【月のリズムで暮らすヒント】

強い骨を作る

PMSや生理痛を和らげる骨盤ケア【月のリズムで暮らすヒント】

28日周期でやってくる月の満ち欠けは、人間や動植物のリズムと深い関係があります。女性の生理周期も約28日だったり、排卵期に骨盤が最も閉じ、月経期に開くなど、月の満ち欠けと似ています。

そこで今回のテーマは「骨盤ケア」。周期に合わせて開いたり閉じたりする骨盤本来の動きが滞ると、生理痛などの不調があらわれます。ストレッチ、ヤムナボディーローリング(R)のワークで血行をよくして月経期を乗り切りましょう。

新月で紹介しているワークは排卵期、満月は月経期に行うとよいエクササイズに対応しています。自分の月経リズムに合わせて行ってくださいね。

【3月9日 新月(排卵期)】骨盤を閉じるエクササイズ

「月経リズムに合わせて開閉している女性の骨盤。骨盤がもっとも閉じやすい新月(排卵期)には、エクササイズで骨盤が閉じるサポートをしてあげるとよいでしょう」と話すのは、ピラティスインストラクター、ヤムナボディローリング(R)認定プラクティショナーの香月葉子さん。骨盤の開閉リズムを取り戻し、スムーズに動く手助けをしましょう。

足の付け根と太もも前面のストレッチ

160223fullmoon1.jpg

1.片足のひざを内側に曲げて座り、ゆっくりあおむけになる(きつい方はひじをつき、無理せず座ったままで)

2.足を入れ替えて反対側も同様に行う

骨盤前面を引き締める

160223fullmoon2.jpg

1.反発力と柔軟性のあるヤムナ・ボールに恥骨が乗るようにうつぶせになり、息を吐いて力を抜く

2.手足を伸ばしてお腹にボールを当て、大きく呼吸を数回繰り返す。肋骨にボールが当たらないように注意

※このワークは妊娠中の方や腹部の術後3か月間未満の人は行わないでください。

【3月23日 満月(月経期)】骨盤を開くエクササイズ

満月はからだをゆるめてリラックスする時期。生理中は月経血を排出しやすくするために骨盤が開きます。骨盤の背面をリラックスさせることで、骨盤が開きやすくなるエクササイズを行いましょう。

股関節が柔らかくなると子宮周りの血行やリンパの流れがよくなります。足のむくみやだるさを感じるときにもおすすめです。

股関節をやわらかくしてリンパの流れをよくする

160223fullmoon3.jpg

1.片足のひざを外側に曲げ、反対の足を開脚する

2.左右のお尻はしっかり床についたまま背筋をまっすぐにし、からだを正面へ倒してさらに内ももを伸ばす

3.足を入れ替えて反対側も同様に行う

脚の重みで股関節を広げる

160223fullmoon4.jpg

1.あおむけになり、脚を開いて足の裏を合わせる

2.力を抜き、脚の重みで股関節を広げていく

左右の股関節とマットの間に絶妙な柔軟性と反発力のあるヤムナ・ブラックボールを入れることで、さらに股関節を広げることができます。

月経中を心地よく過ごすには、運動不足などで鈍くなってしまった骨盤の動きを取り戻すこと。新月(排卵期)と満月(月経期の)エクササイズで月の満ち欠けのようにリズムのある骨盤を目指しましょう。

お話を伺った人:香月葉子(こうづき・ようこ)さん

ピラティスインストラクター、ヤムナボディローリング(R)認定プラクティショナー。元住吉「もとすみピラティス」、代々木八幡・代々木公園「ヤムナスタジオ」などで指導を行う。満月・新月の日に開催する「新月・満月のYBR"ヤムナボディローリング(R)"」など、月の満ち欠けや女性のからだ、アロマテラピーなどを組み合わせたプログラムが好評。3/25ヤムナスタジオにて「骨盤調整のYBR」、SUGATA青山店にて「月のリズムでヤムナボディローリング(R)「3/9新月-refresh-&3/23満月-relax-」を開催予定。

松浦松子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    PMSや生理痛を和らげる骨盤ケア【月のリズムで暮らすヒント】

    FBからも最新情報をお届けします。