1. Home
  2. MIND
  3. 無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

「託児所クーポン券」政策のウラには、じつは「移民国家」ドイツならではの独特の事情もあるということを示唆した前回。今回はその内情についてお話します。

ドイツ語が話せない。悪循環を断ち切るために

日本と違ってドイツは移民の国。わたしの暮らすハンブルク市では、人口の約3割が移民だと言われています。そこでいつも問題になるのが、移民の家庭に生まれた子どものドイツ語能力。両親ともに移民でドイツ語がままならない場合、特にこの問題は深刻です。

たとえばトルコ系。ドイツでは最も多い移民で、無数のトルコ人コミュニティが存在します。そのコミュニティが十分に機能しているがゆえに、コミュニティ内で助け合って子育てできてしまう。だからKitaには預けない、という問題。

あるいは、トルコ系に限らず、移民の低所得者層が保育料を惜しんで子どもをKitaに預けない、または預けられない、という現実もあります。

本来、Kitaに通った方が良さそうな環境にある子どもが、逆にKitaに通わなくなるという矛盾です。

いま社会問題にもなっている

もちろんすべての移民の子がそうなるわけでは決してないけれど、下記のような流れはいまのドイツ社会において決して無視できないレベルなのです。

社会問題になっている移民の教育

ドイツ生まれ、ドイツ国籍保有、ドイツ育ちなのに、就学時点でドイツ語がまともに喋れない↓学校の授業についていけない↓おちこぼれる↓同じような負の財産を抱える仲間を見つけ、反社会的生き方(犯罪など)に身を染めていく

そんなドイツ社会にとっての不利益を断ち切るためにも、まずはちゃんとKitaに通ってもらうことから、と、特に(世帯収入の少ない)移民の子どもたちを考慮して、「Kita-Gutschein」制度が実施されたということも、忘れてはならないポイントです。

移民の子が将来、ドイツで活躍できる人材となるために、まずは幼い頃からドイツ社会に親しんでいることが必要。それはつまり、ドイツのKitaに通い、日々ドイツ語を聞いて「ドイツ語が母国語」というベースをきちんと築き上げることからはじまる。そんな長期的で社会投資的視点がそこにはあるのです。

Bastian Kienitz / Shutterstock.com

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。