1. Home
  2. MIND
  3. 無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

無料化のウラに。保育園に通ってほしい理由がある【ドイツでママになる】

「託児所クーポン券」政策のウラには、じつは「移民国家」ドイツならではの独特の事情もあるということを示唆した前回。今回はその内情についてお話します。

ドイツ語が話せない。悪循環を断ち切るために

日本と違ってドイツは移民の国。わたしの暮らすハンブルク市では、人口の約3割が移民だと言われています。そこでいつも問題になるのが、移民の家庭に生まれた子どものドイツ語能力。両親ともに移民でドイツ語がままならない場合、特にこの問題は深刻です。

たとえばトルコ系。ドイツでは最も多い移民で、無数のトルコ人コミュニティが存在します。そのコミュニティが十分に機能しているがゆえに、コミュニティ内で助け合って子育てできてしまう。だからKitaには預けない、という問題。

あるいは、トルコ系に限らず、移民の低所得者層が保育料を惜しんで子どもをKitaに預けない、または預けられない、という現実もあります。

本来、Kitaに通った方が良さそうな環境にある子どもが、逆にKitaに通わなくなるという矛盾です。

いま社会問題にもなっている

もちろんすべての移民の子がそうなるわけでは決してないけれど、下記のような流れはいまのドイツ社会において決して無視できないレベルなのです。

社会問題になっている移民の教育

ドイツ生まれ、ドイツ国籍保有、ドイツ育ちなのに、就学時点でドイツ語がまともに喋れない↓学校の授業についていけない↓おちこぼれる↓同じような負の財産を抱える仲間を見つけ、反社会的生き方(犯罪など)に身を染めていく

そんなドイツ社会にとっての不利益を断ち切るためにも、まずはちゃんとKitaに通ってもらうことから、と、特に(世帯収入の少ない)移民の子どもたちを考慮して、「Kita-Gutschein」制度が実施されたということも、忘れてはならないポイントです。

移民の子が将来、ドイツで活躍できる人材となるために、まずは幼い頃からドイツ社会に親しんでいることが必要。それはつまり、ドイツのKitaに通い、日々ドイツ語を聞いて「ドイツ語が母国語」というベースをきちんと築き上げることからはじまる。そんな長期的で社会投資的視点がそこにはあるのです。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第21回】ハンブルク市は、5時間分保育料がタダ

【第20回】ドイツだって託児所不足。我が国の保活事情

【第19回】選ぶのは自由。無痛分娩を経験して思うこと

【第18回】事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情

【第17回】産前も安心。困ったときに来てくれるマイ助産師

Bastian Kienitz / Shutterstock.com

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    3. 砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

    4. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 材料と調味料を入れて蒸すだけ! 鶏肉と白菜の塩レモン蒸し

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    9. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品