1. Home
  2. EAT
  3. うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

マッツィテッリ福子

うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

何についても昔ながらのやり方を大事にするイタリアでは、お菓子もよく家庭で手作りします。大雑把なイタリア人は目分量で作るので、仕上がりは毎回同じではありません。それでも「今日のは絶品だ」「やっぱりうちのママが作るのが一番おいしい」などと言い合いながら嬉しそうにほおばっています。そういう様子を見ると、「家族で作って食べること」がいかに人を幸せするのかを感じます。

手作りだからこそ生まれるもの

そこで今回は、家で簡単にできるビスコッティ(ビスケット)を2種類ご紹介します。1つめは、きりっとした香りと辛みが食欲をそそる生姜のビスコッティ。生姜は、免疫力アップや冷え性改善に役立ちますし、肌寒さが残るこの時期にもまだまだ取り入れたい食材です。

もう1つはなんともイタリアらしい、赤ワインのビスコッティ。深みのあるワインの風味に、スパイスのアクセントが効いています。一体どんな味がするのかというと、ワインの存在感は酒饅頭の日本酒に近いと言えば掴めるでしょうか。

160202south_italian_001.jpg

好みの味にアレンジできるのも手作りの良さ。砂糖や生姜を加減したり、バターをココナッツオイルにしたり、焼き上がりにアイシングで飾り付けしたりしながらマイベストを探ってみてください。そうしてできた「我が家の味」はギフトやおもてなしにもきっと喜ばれるはずです。

生姜のビスコッティのレシピ(約20個分)

160202_south_italian_02.jpg

  • 【材料】
  • 小麦粉 300g
  • グラニュー糖 120g
  • 溶かしバター 150g
  • 卵L 1個
  • おろし生姜 小さじ2
  • 生姜パウダー 小さじ2
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • LIEVITO(酵母) 小さじ1
  • ※ベーキングパウダーで代用可
  1. 【作り方】
  2. 1. 材料すべてをボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. 2. ラップでくるみ、冷蔵庫で30分寝かせる。
  4. 3. 平台に打ち粉をして、生地を5~8mmの厚さに伸ばす。このとき綿棒を使わず手でラフに伸ばすのが南イタリア流。
  5. 4. 型で抜き、天板に並べる。お好みで、上からきび糖を散らす。
  6. 5. 180℃のオーブンで20分ほど焼く。
  • <アイシングの作り方>
  • 粉砂糖(大さじ4)にレモン汁(1/2個分)を加えてクリーム状になるまでよく混ぜる。焼き上がったビスコッティに塗り、乾かして固めます。

赤ワインのビスコッティのレシピ(約20個分)

160202_south_italian_03.jpg

  • 材料】
  • 小麦粉 500ml
  • 赤ワイン 150ml
  • グラニュー糖 150ml
  • オリーブオイルまたはサラダオイル 150ml
  • フェンネルシードまたはアニスシード 大さじ2

20160327_4-5.jpg

  1. 【作り方】
  2. 1. 材料すべてをボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. 2. ピンポン玉ほどの量を取って棒状に伸ばし、輪っかにして端をくっつけて成形。
  4. 3. 天板に並べ、180℃のオーブンで25分ほど焼く。

あわせて読みたい

#3 ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ

#2 予想外のおいしさ! オレンジ&フェンネルのサラダ

#1 搾りたてオリーブたっぷり。冬の定番ごちそうスープ

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた