1. Home
  2. EAT
  3. うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

1,183

マッツィテッリ福子

うちのが一番! 生姜と赤ワインのビスコッティ【南イタリア美人レシピ】

何についても昔ながらのやり方を大事にするイタリアでは、お菓子もよく家庭で手作りします。大雑把なイタリア人は目分量で作るので、仕上がりは毎回同じではありません。それでも「今日のは絶品だ」「やっぱりうちのママが作るのが一番おいしい」などと言い合いながら嬉しそうにほおばっています。そういう様子を見ると、「家族で作って食べること」がいかに人を幸せするのかを感じます。

手作りだからこそ生まれるもの

そこで今回は、家で簡単にできるビスコッティ(ビスケット)を2種類ご紹介します。1つめは、きりっとした香りと辛みが食欲をそそる生姜のビスコッティ。生姜は、免疫力アップや冷え性改善に役立ちますし、肌寒さが残るこの時期にもまだまだ取り入れたい食材です。

もう1つはなんともイタリアらしい、赤ワインのビスコッティ。深みのあるワインの風味に、スパイスのアクセントが効いています。一体どんな味がするのかというと、ワインの存在感は酒饅頭の日本酒に近いと言えば掴めるでしょうか。

160202south_italian_001.jpg

好みの味にアレンジできるのも手作りの良さ。砂糖や生姜を加減したり、バターをココナッツオイルにしたり、焼き上がりにアイシングで飾り付けしたりしながらマイベストを探ってみてください。そうしてできた「我が家の味」はギフトやおもてなしにもきっと喜ばれるはずです。

生姜のビスコッティのレシピ(約20個分)

160202_south_italian_02.jpg

  • 【材料】
  • 小麦粉 300g
  • グラニュー糖 120g
  • 溶かしバター 150g
  • 卵L 1個
  • おろし生姜 小さじ2
  • 生姜パウダー 小さじ2
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • LIEVITO(酵母) 小さじ1
  • ※ベーキングパウダーで代用可
  1. 【作り方】
  2. 1. 材料すべてをボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. 2. ラップでくるみ、冷蔵庫で30分寝かせる。
  4. 3. 平台に打ち粉をして、生地を5~8mmの厚さに伸ばす。このとき綿棒を使わず手でラフに伸ばすのが南イタリア流。
  5. 4. 型で抜き、天板に並べる。お好みで、上からきび糖を散らす。
  6. 5. 180℃のオーブンで20分ほど焼く。
  • <アイシングの作り方>
  • 粉砂糖(大さじ4)にレモン汁(1/2個分)を加えてクリーム状になるまでよく混ぜる。焼き上がったビスコッティに塗り、乾かして固めます。

赤ワインのビスコッティのレシピ(約20個分)

160202_south_italian_03.jpg

  • 材料】
  • 小麦粉 500ml
  • 赤ワイン 150ml
  • グラニュー糖 150ml
  • オリーブオイルまたはサラダオイル 150ml
  • フェンネルシードまたはアニスシード 大さじ2

20160327_4-5.jpg

  1. 【作り方】
  2. 1. 材料すべてをボウルに入れて混ぜ合わせる。
  3. 2. ピンポン玉ほどの量を取って棒状に伸ばし、輪っかにして端をくっつけて成形。
  4. 3. 天板に並べ、180℃のオーブンで25分ほど焼く。

あわせて読みたい

#3 ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ

#2 予想外のおいしさ! オレンジ&フェンネルのサラダ

#1 搾りたてオリーブたっぷり。冬の定番ごちそうスープ

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら