1. Home
  2. EAT
  3. ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ【南イタリア美人レシピ】

ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ【南イタリア美人レシピ】

1,087

マッツィテッリ福子

ほろ苦がクセになる、セロリのパスタ【南イタリア美人レシピ】

日本では嫌いな野菜としてよく挙げられるセロリ。特にその強い香りが苦手だという声をよく聞きますが、実はその香りにはさまざまな作用があるのを知っていますか?

精神を落ち着かせるリラックス効果があり、古代ギリシャ・ローマではうつ病に効く薬として用いられていたそう。このほか、食欲を増進させたり、血流を良くしたりする作用も。香りを嗅ぐだけでも健康になれそうです。

まさに天然のマルチサプリメント

20160313_recipe_1.jpg

しかしセロリの魅力は香りだけにあらず。天然のマルチビタミン・マルチミネラルサプリとも呼べるほど、いろいろな栄養素がバランスよく詰まっているのです。

ビタミンA・C・B群・E・Kをはじめ、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分などのミネラル。これらを同時に摂ることで生まれる相乗効果も考えると、便秘・冷え・むくみ解消、免疫力・新陳代謝アップ、血行促進、疲労回復、抗酸化・美肌・デトックス......期待できる健康効果は挙げるときりがありません。古代ヨーロッパで「万能薬」だったというのもうなずけます。

今回はこのセロリと、同じくビタミン・ミネラル豊富なアーモンドを組み合わせたパスタソースをご紹介。セロリのほろ苦さをオイルとチーズがうまみに変えて、芳醇でフレッシュな味わいはクセになるおいしさです。バジルやパセリなど葉もの野菜をこのようにミキサーにかけて作るものを、イタリアでは「ペースト」と呼びます。

セロリのパスタレシピ(4人分)

160202south_italian_03.jpg

  • 【材料】
  • (A)セロリペースト
  • セロリの葉 100g
  • オリーブオイル 1カップ(200ml)
  • アーモンド(無塩・皮なし) 20~25粒
  • にんにく 2~3片
  • パルミジャーノレッジャーノチーズ 大さじ山盛り2~3
  • ペコリーノチーズ 大さじ山盛り2

  • パスタ 400g
  • バター 大さじ1

  1. 【作り方】
  2. 1.(A)すべてをミキサーにかけてペーストにする。
  3. 2.鍋にバターを入れて溶かし、ペーストを加えて温める。※火を通す必要はなく、ぬるいくらいでOK。加熱しすぎないよう注意。
  4. 3.別鍋でゆでたパスタを2に加え、混ぜ合わせてできあがり。

皿に盛り、パルミジャーノレッジャーノチーズをたっぷりかけて召し上がれ。

ほとんど火を通さないので栄養素を壊さず、色も香りも鮮やかで、テーブルが華やぐ一品。冷凍保存もできるので作り置きしておくと便利ですよ。

写真・文/マッツィテッリ福子

編集者、ヨガインストラクター。2015年イタリア人男性と結婚し、南部レッジョ・カラブリアに移住。食事も化粧品もアンチケミカル、ナチュラル志向。

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由