1. Home
  2. MIND
  3. パートナーとの関係にモヤモヤしたら。自分自身に愛情をそそぐべし

パートナーとの関係にモヤモヤしたら。自分自身に愛情をそそぐべし

1,355

二村桜子

パートナーとの関係にモヤモヤしたら。自分自身に愛情をそそぐべし

image via shutterstock

「最近なんだか愛されていない気がする」とか「自分のことをしっかり見てくれてない」など、恋人関係や夫婦関係において相手に対する不満がたまってくることがありますよね。

そんな風にこころがモヤモヤしたり、不安になる前に、ちょっと立ちどまり、自分のこころの栄養状態を確認してみると見えてくることがあります。

こころが栄養を求めるとき

女性は本来、与えることによろこびを感じる生き物のようです。やさしい気づかいが上手にできたときにうれしく感じたり、誰かを助けたり空気を読んだりすることなど、男性以上にまわりとのハーモニーを意識しながら生活しています。

そしてこのすばらしい女性の特性は、ときには自分が我慢することでほかの誰かの気持ちや行動を自然と優先させたりするので、自分では気づかないうちにこころの疲れをためてしまうようです。そして疲れがたまったこころは、1番の栄養である愛情を求めてさまよいはじめます。

自分自身に愛情をそそいでみる

恋人や夫婦関係などパートナーとの関係においてはもっと自分らしくしていたいと感じ、疲れたこころを潤す愛情を相手に求める傾向があるようです。でも相手も疲れている場合、その気持ちがうまく伝わらないことがあります。

そんな時イライラしてさらなる不満を相手にぶつけたり、愛情をうたがったりするのは逆効果。相手に求めることをいったん止めて、自分自身で愛情補給をしてみましょう。

自分へ愛情のそそぐ方法は、たとえばこんなことからはじめてみることができます。

1.自分が疲れていることを認めることからはじめる

自分がどれだけ疲れているのかを確認するための静かな時間をつくります。疲れているこころに気がついて、がんばっている自分を認めてあげましょう。

2.しばらくの期間、自分がスローダウンできる計画を練る

自分が無理しなくていいように意識してスケジュールをたてていきます。「今取り組む必要がないこと」を後回しにして、できる限りゆとりのあるスケジュールをたてます。「そんなことできない! 」と言い訳せずに、思いきることがたいせつ。

3.好きなことをするための時間をつくる

運動することや趣味に取りくむ時間など、自分が好きなことをする時間を積極的につくりましょう。好きなことをする時間はこころに愛情をおくる時間です。こころを自然に解放させて、疲れを癒すことができます。

恋人や夫婦関係などのパートナーの存在は自分のあわせ鏡のようなものだと言われています。自分のこころが愛情で満たされると、それにともない相手のこころも自然と満たされていくようです。これは無意識のうちに愛情を交換したり共有することにもなり、強いきずなをつくっていくことにもつながります。

相手に求めることをちょっとだけ休憩して自分自身に愛情をそそぐことで、意外にもお互いの関係を大きくレベルアップさせることができるかもしれません。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析