1. Home
  2. BODY
  3. コラーゲン摂取で鼻粘膜を強化する花粉症対策法

コラーゲン摂取で鼻粘膜を強化する花粉症対策法

2,033

コラーゲン摂取で鼻粘膜を強化する花粉症対策法

今年もやってきた、花粉症の季節。すでにマスクが手ばなせないという人も多いかもしれませんね。そんなときに力をかしてくれる、意外な存在を見つけました。それはなんとコラーゲン

鼻の粘膜をコラーゲンで強化して花粉をブロック

そもそも花粉症とは、本来、からだにとって害のない花粉に対し、過剰反応してしまう状態をさします。花粉がはいってくると体内で抗体がつくられ、つぎに花粉がはいってきたときに抗体と花粉がくっつくことで、目のかゆみや鼻づまりなどがおこります。

そこでたいせつなのが、花粉を体内にいれないこと。つまり目鼻の粘膜を強化することだといえます。そして粘膜がなにからできているかというと、じつはコラーゲンなのです。

コラーゲンは網目状になっていて、健康なコラーゲン線維は、太くて直線の編み目になっています。衰えると細く縮れて一つ一つの編み目がゆるみ異物が混入しやすくなります。

京都・御幸町カイロプラクティックより引用)

コラーゲンは、鉄とタンパク質、ビタミンCを材料に、体内でつくられています。これらをしっかりとることが、花粉症予防につながると考えることができます。加えてこんなことも。

花粉症などで苦しむ人は鉄欠乏であることが多く、これを改善すると症状が緩和されることがよくあります。鉄は丈夫な粘膜を作るのに欠かせない栄養素ですから、鉄補給はアレルギー症状改善の第一歩となります。

(『美肌になる栄養セラピー』(マイナビ)P211より引用)

肉や卵、フレッシュ野菜&果物を意識的に摂る

さらに、異物をからだの外に出してくれるIgA抗体に欠かせないのが、ビタミンAの存在。これも美肌ビタミンのひとつにも数えられるものです。

タンパク質や鉄は肉に豊富。卵ならビタミンAもチャージできます。フレッシュな果物や野菜にはビタミンCがたっぷり。

一石二鳥の花粉症対策。栄養をしっかりとることで花粉症を防げるのはもちろん、美肌という嬉しいおまけもついてくるなんて、女性にとってはもってこいの対策ですね。私も意識したいと思っているところです。

京都・御幸町カイロプラクティック,『美肌になる栄養セラピー』]

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン