1. Home
  2. STYLE
  3. 数学の問題を解くとやせる? ダイエットの鍵は軽いストレス

数学の問題を解くとやせる? ダイエットの鍵は軽いストレス

冠ゆき

数学の問題を解くとやせる? ダイエットの鍵は軽いストレス

脂肪はダイエットの敵のように思われがちですが、じつは人間の身体には、褐色脂肪と白色脂肪の2種類があります。やせるために燃焼させないといけないのは、白色脂肪のほうで、褐色脂肪は、白色脂肪組織の燃焼を助けるはたらきを持つものです。

ダイエットの鍵は褐色脂肪の活性化

ノッティンガム大学のMichael E Symonds教授は、次のように説明します。

ふつう、成人ひとりの身体には、褐色脂肪が50~100グラム含まれています。褐色脂肪の熱を生み出す力は、身体の他の組織と比べると300倍も高いものです。褐色脂肪は、糖質と脂質を素早く代謝させることができるのです。

(「Le Parisien 」から翻訳引用)

また褐色脂肪が多いほど、ボディマス指数が低くなることも知られています。つまり、白色脂肪を燃焼させダイエットに成功するためには、褐色脂肪組織の活性化が鍵となるわけです。

軽いストレスはダイエットの味方

今月10日、Experimental Physiologyに発表されたSydmonds教授らによる研究によれば、軽いストレスによって、褐色脂肪組織が活性化されることが明らかになりました。

同チームの実験では、健康な女性に数学の問題を解かせ、ストレスが高まったことをコルチゾールの数値で確かめるとともに、サーモグラフィーで、褐色脂肪のもっとも密にある首の温度を測りました。その結果、褐色脂肪の温度の上昇が確認されたのです。言い換えると

ストレスが、褐色脂肪組織を活性化しました。

(「Le Parisien 」から翻訳引用)

つまり軽いストレスは、ダイエットの味方なのです。

ただし、あくまで「軽い」ストレスの話。強すぎるストレスや、慢性的なストレスは、代謝を減少させ、様々な病状も引き起こすので、身体によくありませんし、ダイエットにも逆効果です。

この実験のように数学の問題を解くのでなければ、ちょっと難しい本を読むとか、外国語を勉強するとか、新しい習い事に挑戦するとか、その程度のストレスが適量なのでしょう。

これからダイエットに取り組むときは、適度な運動と、食事内容への注意にくわえて、ちいさなチャレンジをプラスすると、効率的にやせられるかもしれません。

Le Parisien

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー