あかいろ(赤、紅、朱、丹)の語源は「朝陽が登ってくる『あかるさ』」という説があります。

活力を感じ気持ちを前向きにさせる、勢いを感じる一色です。

冬場は枝葉も散って少しモノトーンの景色になりがちですが、そんな中で「朱色」や「紅色」が目に留まるのは、身体が自然と暖かさを求めて、春の訪れを心待ちにしているのかもしれません。

街でみつけた赤い景色に心奪われます。

20160211_red_1.jpg02_日光東照宮の扉

20160211_red_2.jpg03_台湾・鳳山市の民家の扉(両開きのどこでもドアに見えました!)

20160211_red_3.jpg04_台南市の民家の壁

(写真・文/甲田智恵)

あわせて読みたい

懐かしさに心をほどく旅、五感で楽しむ信州上田へ

まだまだ食べたい! からだを冷やしすぎない台湾スイーツ