1. Home
  2. EAT
  3. 春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

春はまだか? 暖かさを求め「朱(あか)」が恋しくなる

あかいろ(赤、紅、朱、丹)の語源は「朝陽が登ってくる『あかるさ』」という説があります。

活力を感じ気持ちを前向きにさせる、勢いを感じる一色です。

冬場は枝葉も散って少しモノトーンの景色になりがちですが、そんな中で「朱色」や「紅色」が目に留まるのは、身体が自然と暖かさを求めて、春の訪れを心待ちにしているのかもしれません。

街でみつけた赤い景色に心奪われます。

20160211_red_1.jpg02_日光東照宮の扉

20160211_red_2.jpg03_台湾・鳳山市の民家の扉(両開きのどこでもドアに見えました!)

20160211_red_3.jpg04_台南市の民家の壁

(写真・文/甲田智恵)

あわせて読みたい

懐かしさに心をほどく旅、五感で楽しむ信州上田へ

まだまだ食べたい! からだを冷やしすぎない台湾スイーツ

甲田智恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン