1. Home
  2. STYLE
  3. いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

冠ゆき

いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

「愛」はフランス人にとって大切なもの。

調査会社Harris Interactiveが行ったアンケートによると、人生において愛の優先順位を高いと考えるフランス人はおよそ84%もいることがわかりました。

恋するパリジアン

160210paris1.jpg

またCaprice des DieuxとIpsosによる別のアンケートによれば、パリジアン(パリに住む人々)の74%が、年齢にかかわらず「いま、恋している」と答えています。

最も恋している人が多い年齢層は、25~34歳。そのうちの40%が「情熱的な恋をしている」、29%が「とても恋している」と答えています。35~44歳になると、情熱はわずかに減るものの、「愛」は健在で、45~70歳の年齢層で、安定した状態になります。

(「Journal des femmes」より翻訳引用)

同調査によると「愛だの恋だのの感情は忘れてしまった」という70代は38%だそう。裏返せば、その他の多くの人は日々愛情を感じながら生きているということ。やはりパリジアンとアムール(愛)は、切っても切れない関係だと言えそうです。

パートナーとよい関係を築くために大切な3つの柱

160210paris2.jpg

フランス人にとって、カップルが良い関係を築くのに大切な3つの柱は、「信頼」(35%)、「連帯意識」(31%)、「貞節」(30%)です。

(「Journal des femmes」より翻訳引用)

「連帯意識」と訳しましたが、元のフランス語は「complicité」で、辞書を引けば「共犯意識」と出てくるものです。ふたりだけに通じる目配せや仕草、また一緒に何かを図って成し遂げようとする共同意識を指すといえば、わかりやすいでしょうか。

この結果を見ると、カップルの良好な関係に必要なものとして、セックスは二の次と捉えられていることがわかります。「愛」の国、フランス人の意見としては意外でしょうか。

愛のために変えられるもの、変えられないもの

160210paris4.jpg

なお「Le Parisien」によれば、愛のためなら仕事も変えられるという男性は65%、女性は70%いることがわかりました。しかし、たとえ愛のためでも変えらないと答えたのが「政治意見」と「宗教」。どちらも85%の人が「変えられない」と答えています。

また、「Journal des femmes」によると、フランス人の10人に9人は、自分だけの時間を持つことは極めて重要と考えています。

仕事や国のような環境は変えられるけれど、自分の時間や主張を変えることはできない......という結果は、とてもフランス人らしいなと感じます。

たしかに、何もかもさらけ出し、いつもべったり一緒という関係は、あまりフランス人の好みではないようです。自分だけの趣味や世界を持ち、それをお互いに尊重し合うことで、ふたりの世界のバランスを保つというのが、フランス流の愛し方なのかもしれません。

愛のためにあきらめられるもの、愛のためでもあきらめられないものは、人それぞれ。一緒に暮らすパートナーとは、互いに共通した認識を持っていたいものです。

Le Journal des femmesLe Parisien

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?