1. Home
  2. STYLE
  3. いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

冠ゆき

いつも恋してるフランス人に学ぶ、パートナーとよい関係を築く秘訣

「愛」はフランス人にとって大切なもの。

調査会社Harris Interactiveが行ったアンケートによると、人生において愛の優先順位を高いと考えるフランス人はおよそ84%もいることがわかりました。

恋するパリジアン

160210paris1.jpg

またCaprice des DieuxとIpsosによる別のアンケートによれば、パリジアン(パリに住む人々)の74%が、年齢にかかわらず「いま、恋している」と答えています。

最も恋している人が多い年齢層は、25~34歳。そのうちの40%が「情熱的な恋をしている」、29%が「とても恋している」と答えています。35~44歳になると、情熱はわずかに減るものの、「愛」は健在で、45~70歳の年齢層で、安定した状態になります。

(「Journal des femmes」より翻訳引用)

同調査によると「愛だの恋だのの感情は忘れてしまった」という70代は38%だそう。裏返せば、その他の多くの人は日々愛情を感じながら生きているということ。やはりパリジアンとアムール(愛)は、切っても切れない関係だと言えそうです。

パートナーとよい関係を築くために大切な3つの柱

160210paris2.jpg

フランス人にとって、カップルが良い関係を築くのに大切な3つの柱は、「信頼」(35%)、「連帯意識」(31%)、「貞節」(30%)です。

(「Journal des femmes」より翻訳引用)

「連帯意識」と訳しましたが、元のフランス語は「complicité」で、辞書を引けば「共犯意識」と出てくるものです。ふたりだけに通じる目配せや仕草、また一緒に何かを図って成し遂げようとする共同意識を指すといえば、わかりやすいでしょうか。

この結果を見ると、カップルの良好な関係に必要なものとして、セックスは二の次と捉えられていることがわかります。「愛」の国、フランス人の意見としては意外でしょうか。

愛のために変えられるもの、変えられないもの

160210paris4.jpg

なお「Le Parisien」によれば、愛のためなら仕事も変えられるという男性は65%、女性は70%いることがわかりました。しかし、たとえ愛のためでも変えらないと答えたのが「政治意見」と「宗教」。どちらも85%の人が「変えられない」と答えています。

また、「Journal des femmes」によると、フランス人の10人に9人は、自分だけの時間を持つことは極めて重要と考えています。

仕事や国のような環境は変えられるけれど、自分の時間や主張を変えることはできない......という結果は、とてもフランス人らしいなと感じます。

たしかに、何もかもさらけ出し、いつもべったり一緒という関係は、あまりフランス人の好みではないようです。自分だけの趣味や世界を持ち、それをお互いに尊重し合うことで、ふたりの世界のバランスを保つというのが、フランス流の愛し方なのかもしれません。

愛のためにあきらめられるもの、愛のためでもあきらめられないものは、人それぞれ。一緒に暮らすパートナーとは、互いに共通した認識を持っていたいものです。

Le Journal des femmesLe Parisien

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?