1. Home
  2. STYLE
  3. 事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

1,074

山中友希帆

事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

最近の欧米では無痛分娩(※)が主流!

と言われるようになってきましたが、私の所感だと、ドイツではナチュラルバース志向の人もまだまだ多く、フランスやアメリカほどではないのかなぁ......という感じ。ただし、日本と比べればはるかに「日常的」ではあると言えます。

なぜ無痛分娩が当たり前の選択肢になるの?

大前提として、制度面の違いがあるからだと思います。以前にもお話したとおり、ドイツでは妊婦健診を受ける病院と、お産する病院は基本的に別。

◆妊娠期間中 小規模な婦人科医院(分娩施設はない)

◆お産 分娩施設のある総合病院・大学病院

無痛分娩するには「硬膜外麻酔」が必要です。つまり背骨と背骨の間から硬膜外腔にカテーテルを刺して麻酔薬を注入するというもの。麻酔医による処置が必要です。

ドイツのお産は総合病院で、基本的に麻酔医が常駐しているため、もともと無痛分娩の予定はなくとも、急に無痛分娩がしたいと申し出ることも可能なのです。しかも、費用は全額保険でカバー。そのときの状況や体調で、比較的気軽に決めることができます。

一方、日本は基本的に妊娠中に通った病院でお産するというのが一般的。街の小さなクリニックでは、無痛分娩のためだけに麻酔医を常勤させるには、コスト・人事面からしても、おそらくとても難しいこと。そのため日本では無痛分娩対応可能な施設が限られており、日常的選択肢にはならないのかもしれません。

無痛分娩の割合はもっと高くていい

先日参加した病院の説明会で、その病院の産科のボスであるドクターが発した言葉がとても印象に残っています。それは、

私個人としては、無痛分娩を選ぶ産婦さんの割合がもっと高くてもいいと思っている。

特に初産婦さんの場合、やはり「痛みに耐えてこそ」の考えからなのか、お産が長引いても麻酔に頼らず頑張ろうとする人が多いのだそう。しかし、そのドクターに言わせると、それは少々ナンセンス。緊張や痛みのあまり、呼吸が浅くなり、赤ちゃんに十分な酸素を届けてあげられないくらいなら、早めに無痛分娩に切り替えてリラックス、深い呼吸でお産にのぞめるほうがよっぽどいい、というのです。

20160220_germanmama_1.jpg

ドイツでは陣痛室にベッドだけではなく、バスタブが置いてあることも。お風呂に浸かってリラックスを勧められます。

じつは、私自身も自然分娩から途中で無痛分娩に切り替えたうちのひとり。長引く痛みと終わりが見えない不安(いや、絶望?)からの解放、あの麻酔にどれだけ救われたことか。事前に打ち合わせしていなかったにもかかわらず、手早く無痛分娩に切り替えてくれた病院の医療体制が、本当にありがたかったです。

もちろん無痛分娩にもリスクはあるので、無痛分娩にしたほうがいいとまでは言いません。けれど、「いざとなればいつでも無痛分娩に切り替えられるんだ」と思えるこのドイツのシステムは、妊婦さんのお産に対する気持ちの負担を、ずいぶん軽くしてくれているのではないかと思います。

※無痛分娩とは、硬膜外無痛分娩とも呼ばれる麻酔で下半身の痛みをとる分娩方法のこと。 参照:日本産科麻酔学会

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第17回】産前も安心。困ったときに来てくれるマイ助産師

【第16回】妊娠後期だ。さあ出産病院を決めよう

【第15回】ベビーカーでもラクラクの子連れお出かけ事情

【第14回】日本とは別物。ドイツのベビーカー事情

【第13回】ドイツで買った、あると便利なマタニティグッズ

【第12回】まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

    3. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    4. 栄養士がおやつに推薦! ビタミンE&タンパク質たっぷりなアーモンドの栄養

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. 心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣

    7. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    8. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    9. おうちアイテムをリーズナブルに。イオンならキッチングッズも大充実【プレゼント】

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた