1. Home
  2. STYLE
  3. 事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

1,097

山中友希帆

事前予約なしでもOK、ドイツの無痛分娩事情【ドイツでママになる】

最近の欧米では無痛分娩(※)が主流!

と言われるようになってきましたが、私の所感だと、ドイツではナチュラルバース志向の人もまだまだ多く、フランスやアメリカほどではないのかなぁ......という感じ。ただし、日本と比べればはるかに「日常的」ではあると言えます。

なぜ無痛分娩が当たり前の選択肢になるの?

大前提として、制度面の違いがあるからだと思います。以前にもお話したとおり、ドイツでは妊婦健診を受ける病院と、お産する病院は基本的に別。

◆妊娠期間中 小規模な婦人科医院(分娩施設はない)

◆お産 分娩施設のある総合病院・大学病院

無痛分娩するには「硬膜外麻酔」が必要です。つまり背骨と背骨の間から硬膜外腔にカテーテルを刺して麻酔薬を注入するというもの。麻酔医による処置が必要です。

ドイツのお産は総合病院で、基本的に麻酔医が常駐しているため、もともと無痛分娩の予定はなくとも、急に無痛分娩がしたいと申し出ることも可能なのです。しかも、費用は全額保険でカバー。そのときの状況や体調で、比較的気軽に決めることができます。

一方、日本は基本的に妊娠中に通った病院でお産するというのが一般的。街の小さなクリニックでは、無痛分娩のためだけに麻酔医を常勤させるには、コスト・人事面からしても、おそらくとても難しいこと。そのため日本では無痛分娩対応可能な施設が限られており、日常的選択肢にはならないのかもしれません。

無痛分娩の割合はもっと高くていい

先日参加した病院の説明会で、その病院の産科のボスであるドクターが発した言葉がとても印象に残っています。それは、

私個人としては、無痛分娩を選ぶ産婦さんの割合がもっと高くてもいいと思っている。

特に初産婦さんの場合、やはり「痛みに耐えてこそ」の考えからなのか、お産が長引いても麻酔に頼らず頑張ろうとする人が多いのだそう。しかし、そのドクターに言わせると、それは少々ナンセンス。緊張や痛みのあまり、呼吸が浅くなり、赤ちゃんに十分な酸素を届けてあげられないくらいなら、早めに無痛分娩に切り替えてリラックス、深い呼吸でお産にのぞめるほうがよっぽどいい、というのです。

20160220_germanmama_1.jpg

ドイツでは陣痛室にベッドだけではなく、バスタブが置いてあることも。お風呂に浸かってリラックスを勧められます。

じつは、私自身も自然分娩から途中で無痛分娩に切り替えたうちのひとり。長引く痛みと終わりが見えない不安(いや、絶望?)からの解放、あの麻酔にどれだけ救われたことか。事前に打ち合わせしていなかったにもかかわらず、手早く無痛分娩に切り替えてくれた病院の医療体制が、本当にありがたかったです。

もちろん無痛分娩にもリスクはあるので、無痛分娩にしたほうがいいとまでは言いません。けれど、「いざとなればいつでも無痛分娩に切り替えられるんだ」と思えるこのドイツのシステムは、妊婦さんのお産に対する気持ちの負担を、ずいぶん軽くしてくれているのではないかと思います。

※無痛分娩とは、硬膜外無痛分娩とも呼ばれる麻酔で下半身の痛みをとる分娩方法のこと。 参照:日本産科麻酔学会

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第17回】産前も安心。困ったときに来てくれるマイ助産師

【第16回】妊娠後期だ。さあ出産病院を決めよう

【第15回】ベビーカーでもラクラクの子連れお出かけ事情

【第14回】日本とは別物。ドイツのベビーカー事情

【第13回】ドイツで買った、あると便利なマタニティグッズ

【第12回】まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?