1. Home
  2. MIND
  3. 相手の心に響く、愛の伝えかた

相手の心に響く、愛の伝えかた

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,626

斎藤芳乃

相手の心に響く、愛の伝えかた

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

色とりどりのチョコレートが店に並び、女性も男性も、そわそわする愛のシーズンが近づいてまいりました。

愛を伝えようとするとき、その思いが強ければ強いほど、不安や緊張で思わぬ失敗をしまうことがあります。

今回は、この素晴らしい機会を無駄にしないためにも、「どのように表現すれば、相手により響く愛を伝えることができるか」についてお伝えしていきます。

●「愛の素晴らしさ」を表現する

不安や緊張が起こるとき、私たちのなかには「××のような悪い結果になったらどうしよう!」とか、逆に「○○になるためにも、うまくやらなければ!」というプレッシャーが存在しています。そして思考だけでなく肉体にもたいへんなストレスがかかるため、体や表情がこわばり、自分らしさの半分も表現できていない状態になってしまいます。

これは自分のことや、自分の想いを伝えたいはずなのに、自分らしさがまったく伝わらない、ちぐはぐな状態と言えます。

多くの女性が求めている愛とは、想いを向けている男性との交流ですので、相手を想うことによって生まれた、その愛における価値をきちんと伝えてあげることが大切です。

そのために、あなた自身が何を感じ、何にフォーカスする必要があるかというと「相手を想うことの素晴らしさや、その愛の喜びを感じながら、気持ちを伝える」ということになります。

・あなたがどんなに、その愛があることで嬉しかったのか

・あなたがどんなに、その愛によって素晴らしい自分に変化できたのか

・相手がいてくれることで、どんな喜びが生まれたのか

相手から受け取っているこれらの価値を意識することで、その瞬間、あなたの女性性は最高に開花されます。その気持ちを伝えていきましょう。

●男性が女性を「特別な存在」に思うとき

相手の男性も感謝や喜びを伝えてもらうことで、自分の価値を実感できるようになります。その結果、「自分に対して価値をくれるあなた」の話が、心地よく、受け取りやすい状態へと変化していくんですね。

男性は、「自分の価値を感じること」がとても好きです。そして、自分の価値を感じさせてくれる女性を特別な存在だと思うようになります。

だからこそ、相手の男性に想いを伝えるときに「あなたがどれくらいいつも周囲を助けているのか」「あなたにどれくらい助けられているのか」「あなたがどれくらい素晴らしいことをしているのか」という伝え方をすることで、より響く愛の告白が可能になるのです。

自分の心を開き、男性にも心を開いてもらうことは決して難しいことではありません。自分のどの部分にフォーカスするかを意識するだけで、愛が伝わる確率は、ぐっと高まります。

あなたの愛にふさわしい、生涯忘れられない素晴らしいバレンタインデーになりますよう、心から応援しております。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

    7. 医師が教える「足がむくむ5つの理由」と元通りにする方法

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    6. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    9. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技