1. Home
  2. STYLE
  3. 目元の撮影が多いモデルに聞いた、毎日続けている美白ケア

目元の撮影が多いモデルに聞いた、毎日続けている美白ケア

醍醐由貴子

目元の撮影が多いモデルに聞いた、毎日続けている美白ケア

左:ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル 薬用美白美容液 医薬部外品 35g 右:ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル 薬用集中美白スティック 医薬部外品 3.7g 各4,000円(税抜・編集部調べ)

女性にとって、つねに関心の高い「美白(※1)」。特に30代は、肌の状態が気になる年代でもあります。

今回は、1歳5か月になるお子さんのママであり、モデルでもある本多裕香さんと、同じ事務所の後輩モデルである宮ゆいさんにご登場いただき、美白(※1)トークを繰り広げてもらいました。本多さんの美肌の秘密に、美白(※1)初心者の宮さんが迫ります。

無理なく自分のペースで続けられることを

20160223_sofina_3.jpg

宮さん:本多さんは、肌や目元に寄る撮影が多いですよね? アップとなるといろいろ気になると思うんですが、特別なケアってしてますか?

20160223_sofina_2.jpg

本多さん:肌や目元がアップになる仕事が増えたことで、肌の状態は気にするようになりましたね。特にシミ(※2)予防はしなきゃなと思ってケアするようになりました。ただ、今は1歳5か月になる子どもがいるので、時間をかけられなくて。自分のペースで、無理なくできることを続けるっていう感じです。

※2 紫外線による

わたしに合う、美白(※1)ケアとの出合い

20160223_sofina_4.jpg

宮さん:お子さんがいると公園遊びとか、日に当たる時間も多いですよね?

本多さん:もう、めちゃくちゃ焼けます!

宮さん:日々の美白(※1)ケアや紫外線対策はどうしてますか? 日焼け止めと保湿だけじゃなく、そろそろシミ(※2)予防しなきゃと思ってて......。

本多さん:子どもを産んでから、わたしに合う美白(※1)ケアはないかなって探してたんですよ。そんなときに出合ったのが、ソフィーナホワイトプロフェッショナルスティックタイプは、片手でパパッとケアできちゃうから、無理なくずっと続けられてます。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ※2 紫外線による

20160223_sofina_5.jpg

本多さん:口紅みたいにスリムなので、メイクポーチの中にも入れてます。ピタッとフィットするので、メイクを重ねてもヨレにくくて。撮影後にメイクを落としてから細かいところに塗るのにも重宝しています。

宮さん:そういう"心強い味方"があるっていいですね。

本多さん:リップクリームを塗るのと同じくらいの感覚で使ってます。もう鏡を見なくてもクルクルってできますよ。

宮さん:リップクリームを使うくらいの感覚! それなら続けられそう。

使い続けられる理由があるから

20160223_sofina_6.jpg

本多さん:スティック以外に美容液もあるんですが、それも朝晩使ってます。スティックは目元や細かいところに塗って、美容液は顔全体に。これはスーッと伸びるタイプなので、首、デコルテまでササッと伸ばしてます。

宮さん:伸びがいいって重要ですよね。

本多さん:値段もお手頃なんです。美白(※1)のお手入れは続けることが大切。それに1回の量を気にしないで、必要な分をきちんと使いたいじゃないですか。そういう意味でもこれはすごくいいんです。気分がリラックスする、好きな香りなんですよ。

宮さん:続けるためにはお値段も香りも大事ですよね。

20160223_sofina_7.jpg

本多さん:ソフィーナホワイトプロフェッショナルは、美白有効成分がカモミラETという天然の成分らしいんです。35年以上も美白(※1)研究をしている花王さんは、わたしより先輩。そんなところも気に入っている理由です。

宮さん:いつものケアにプラスするだけっていうのもうれしいですね。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

自分の肌を好きになるために

20160223_sofina_8.jpg

本多さん:やっぱり、自分の肌ってすごく気分を左右すると思うんですよ。朝、鏡を見て「あれ? 今日の肌いい感じ」って思ったら1日明るい気持ちでいられますよね。

宮さん:ファンデーションで肌を隠さないでいられるっていいなって思います

本多さん:ノーメイクでも手抜きに見えず、「自信があるからこうなんです」っていう状態がいいですよね。だから毎日のお手入れが大切なんです。無理なく続けられる美白(※1)ケアに出合えてよかったなって思います。

宮さん:わたしもさっそく、美白(※1)ケアはじめたいです!

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

愛され続けるワケは

20160223_sofina_9.jpg
左:ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル 薬用美白美容液 医薬部外品 35g 右:ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル 薬用集中美白スティック 医薬部外品 3.7g 各4,000円(税抜・編集部調べ)

ソフィーナホワイトプロフェッショナルは、花王独自の美白有効成分カモミラETが「メラニン発生源(※3)」にアプローチし、その増殖と活性をブロック。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。さらに詳しく知りたい人は、本多さんご出演の動画もチェックしてみてくださいね。

※3 メラニンを生成する細胞メラノサイト

ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル

撮影/小禄慎一郎(OWL) ヘアメイク/胡桃澤和久(Three Peace) 取材・文/醍醐由貴子

    Ranking

    1. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 止まらないおいしさ。ホクホクの「新じゃが」を2種類のフレーバーオリーブオイルで

    4. 電気圧力鍋、どうやって選ぶ?判断ポイント&編集部おすすめ3選

    5. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 2021年4月19日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    1. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    4. しつこい肩こりがスッキリ! 代謝までアップする「肩甲骨ほぐし」ストレッチ

    5. 電気圧力鍋、どうやって選ぶ?判断ポイント&編集部おすすめ3選

    6. 桃のような美しいヒップを目指すなら、これ。レインボーレッグリフト

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    10. じつは栄養価は高い。冷凍の野菜や果物をおいしく食べる方法

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. これ、カレーに入れてみたらおいしかった! こぐれひでこさんのアイデア4選

    4. 「自分の基礎代謝量」をこの表で計算してみて。代謝を下げない4つのポイント

    5. ナチュラル洗剤で汚れを劇的に落とす方法。「1%の重曹水」が超便利

    6. コンビニおにぎりと合わせるべき「栄養黄金セット」は? 賢く選んでヘルシーに

    7. 鶏むね肉を「もっと、ふっくらおいしく」。藤井恵さんが教える下ごしらえのコツ

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    10. 【心理テスト】春。ハッピーな出会いはどこにある?