1. Home
  2. MIND
  3. 2月8日新月は呼吸、23日満月は背筋伸ばしで代謝をアップ【月のリズムで暮らすヒント】

2月8日新月は呼吸、23日満月は背筋伸ばしで代謝をアップ【月のリズムで暮らすヒント】

松浦松子

2月8日新月は呼吸、23日満月は背筋伸ばしで代謝をアップ【月のリズムで暮らすヒント】

28日周期でやってくる月の満ち欠けは、人間や動植物のリズムと深い関係があります。とくに新月と満月はそれぞれに適した事象があり、昔の人々は知恵を生かして自然に沿った暮らしをしていました。

現代に生きるわたしたちも、その恩恵を受けることはもちろん可能です。新月と満月の日をスケジュール帳に書き込んで、月のリズムを取り入れた心地よい暮らしをはじめましょう。

まだまだ寒い日が続く2月のテーマは「代謝アップ&引き締め」。新月・満月に行うと効果的な、誰でもできるかんたんなピラティスとヤムナ(R)のエクササイズを、インストラクターの香月葉子さんに教えてもらいました。

【2月8日 新月】呼吸を意識し代謝をアップ

新月の日にとくにていねいに行ってほしいのが、深い呼吸。現代人は肺機能の25%しか使えていないといわれています。肺を最大限に使うためには、意識して助骨を大きく広げて酸素を取り込むこと。吐く息とともに身体の余分な老廃物を出すように呼吸をしましょう」(香月さん)

パソコンに向かっていると肋骨が縮まり、肺が広がりにくい姿勢になりがち。まず肋骨を開かないことには肺も縮まったまま。大きな呼吸で肺をめいっぱい使いましょう。手を添えながら息を吸うと助骨が広がり、肺がふくらんでいるのが確認できます。

肋骨を広げて肺を大きく使う

160203moon_1.jpg

1.ヤムナ・ボールを脇に入れ手をくみ、首を反対側に倒す。絶妙な反発力と柔軟性のあるヤムナ・ボールを脇に挟むことで立体的により肋骨を大きく広げます

2.ヤムナ・ボールの当たっている助骨を横にふくらませるように意識しながら息をゆっくり吸い、吐く。これを5回繰り返す

3.同様に反対側も行う

骨盤底筋&下半身を引き締める

160203moon2.jpg

1.足を肩幅より大きく開き、ひざと足先を少し外に向ける

2.ひざが外を向くようにゆっくり腰を落とし、ゆっくり戻す。戻すときに骨盤の底、おしり、おなかの筋肉を引き締めるように意識する

3.2回行い、3回目の最後に腰を落とした状態で3秒キープする

4.「ハッ、ハッ、ハッ」と短く息を吐きながら、リズミカルに腰を上下に3回バウンドさせる

【2月23日 満月】背骨のゆがみをリセットする

食べ物や毒素を溜め込みやすい満月の日。からだを重く感じ、太りやすい時期でもあるので、ダイエットのスタートにオススメです。

「からだの中心・背骨のゆがみは全身の代謝ダウンにつながります。パソコンやスマホで猫背になりやすい背骨を伸ばしてあげましょう。背骨は、各臓器へ指令を送るたくさんの神経が通っている場所でもあるので、ここを整えることにより、内臓の調子や自律神経のバランスも整っていきます」(香月さん)

背骨を伸ばして全身へ刺激を届ける

160203moon3.jpg

1.仰向けになり、ひざを立てる

2.骨盤、背骨のひとつひとつを意識しながら肩甲骨の下まで持ち上げていく。このとき、反りすぎないよう、ひざから胸が一直線になるようにする

3.胸のうしろから順番にゆっくり下げていく。骨盤が先に落ちやすいので注意。5セット行う

骨盤を正しい位置に戻し、姿勢を改善する

160203moon5.jpg

1.片足を伸ばして座り、反対の足のひざを曲げ、ももの内側につける

2.頭から腰まで背中がまっすぐになるようにからだを前に倒し、ももの裏側をストレッチする。このとき、つま先を自分のほうに向けるとさらに効果的。

3.反対の足も同様に行う

いずれのエクササイズも、辛くなるまでやる必要はないそう。香月さん曰く「回数が少なくても、ただしく行うことが大切」とのこと。朝に行えば代謝を上げるスイッチが入って脂肪が燃焼しやすく、寝る前に行うとからだが温まり、寒い夜でもぐっすり眠れるはず。

毎日続けるのが苦手な人も、いつもより高い効果が期待できる新月&満月の日だけは時間をつくって取り組んでみて!

お話を伺った人:香月葉子(こうづき・ようこ)さん

ピラティスインストラクター、ヤムナボディローリング(R)認定プラクティショナー。元住吉「もとすみピラティス」、代々木八幡・代々木公園の「ヤムナスタジオ」などで指導を行う。満月・新月の日に開催する「月のリズムでアロマピラティス」「新月・満月のヤムナボディローリング(R)」など、月の満ち欠けや女性のからだ、アロマテラピーなどを組み合わせたプログラムが好評。ヤムナスタジオにて2/21(日)「ヤムナ&骨盤底筋エクササイズPfiletesワークショップ」を開催予定。

※持病がある人は医師と相談の上行うようにしてください。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた