1. Home
  2. BODY
  3. 自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

「自然体の美しさ」を求める私たちにとって、素肌がきれいであることは、欠かせない要素のひとつ。だからこそスキンケアに関しては、最新情報をインプットしておきたいもの。

なかでも気になるのが「紫外線」の話題です。今の時期から対策を考えても、決して早すぎではないのです。

そんななか、紫外線ケアに関する見逃せないニュースが届きました。なんでも、今年の紫外線対策は「汗」がキーワードになるのだそう。

今年のキーワードが「汗」の理由

160205anessa_02.jpg紫外線が本格化する夏は、汗問題も避けては通れません。デトックスや美肌効果など、汗をかくことで心身ともにリフレッシュできるという反面、汗で日やけ止めが流れ落ちるといった悩みも......。ところが今年、その「汗」がカギとなる紫外線対策が誕生したんです。それは、アクアブースター技術という新技術。なんと、「汗や水に触れることで、紫外線をブロックする膜が強くなる」のだとか!?

日やけ止めの常識を変える大ニュース

「アクアブースター技術」を開発した資生堂の実験では、「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めと、ウォータープルーフ搭載、これまでのアネッサの日やけ止めを半顔ずつに塗って汗をかいた後の肌を測定した際、「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めを塗った側は紫外線をブロックする膜の強さがキープされたままという結果が。さらに、汗をかく前の肌と比較すると、紫外線をブロックする膜がより強くなっていることも判明したのです。

つまり、「アクアブースター技術」の開発により紫外線対策にとって大敵だった汗が味方に変わったということ。これは今までの常識を変えるような大ニュースといっても過言ではありません。

朝ランも外ヨガも心おきなく楽しめる

汗が味方になってくれるとわかれば、紫外線が強くなりはじめるこれからの季節も、臆することなく好きなことを楽しめます。

160203_anessa_01.jpgこれまでは帽子やサンバイザーなどで完全防備をしたり、少し汗ばんだだけで日やけ止めを塗り直したりと、紫外線ケアに気をとられがちだった「朝ラン」も、もう心配することはありません。今年は太陽を目いっぱい浴びながら、気持ちよく走ることができそう。

160208anessa_01.jpg

さらに、公園や海辺で行うのが気持ちいい「外ヨガ」だって安心。日差しの強さが気になって避けていたビーチヨガに、思い切ってチャレンジすることも可能です。

「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めがあれば、太陽の下で汗をかいても、もう怖くありません。

これからは、夏が待ち遠しくなる

160216anessa_01.jpgそんな大注目の技術を搭載しているのが、資生堂の日やけ止め用乳液「アネッサ アクアブースターUV」です。SPF50+・PA++++という最高レベルの紫外線防御力にくわえ、繰り返し紫外線を浴びても紫外線防御力が下がりにくい「光スタミナ技術」、紫外線による乾燥などから肌を守ってくれる「紫外線ダメージ対応システム」など、これまでのアネッサの日やけ止め効果はそのままに、汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースター技術」が新たに仲間入りしました。これだけのパワーを持っていながら石けんで簡単に落とせるという、肌にやさしい一面も。

汗を味方に、さらに強くなった水にも負けない最強UV(※)「金のアネッサ」なら、これからの夏、マリンスポーツでの活躍が期待できそう。「銀のアネッサ」は、アウトドアスポーツなどのシーンでもうるおい、美肌をしっかりキープする「保湿UV」。

※ アネッサ内ウォータープルーフ効果として

効果はパワフルだけれど肌にはソフトという待ち望んでいた日やけ止めの誕生は、私たちの毎日をさらに充実したものに変えてくれるはず。太陽の光を浴びながら思いっきり汗をかいても素肌の美しさをキープできるなんて、今年の夏が楽しみでなりません。

アクアブースター技術」の秘密を動画でチェック!!

anessa_2.gif

撮影/タドコロミズホ 文/イトウウミ

[資生堂ジャパン,アネッサ,アクアブースター技術]

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?