1. Home
  2. BODY
  3. 自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

「自然体の美しさ」を求める私たちにとって、素肌がきれいであることは、欠かせない要素のひとつ。だからこそスキンケアに関しては、最新情報をインプットしておきたいもの。

なかでも気になるのが「紫外線」の話題です。今の時期から対策を考えても、決して早すぎではないのです。

そんななか、紫外線ケアに関する見逃せないニュースが届きました。なんでも、今年の紫外線対策は「汗」がキーワードになるのだそう。

今年のキーワードが「汗」の理由

160205anessa_02.jpg紫外線が本格化する夏は、汗問題も避けては通れません。デトックスや美肌効果など、汗をかくことで心身ともにリフレッシュできるという反面、汗で日やけ止めが流れ落ちるといった悩みも......。ところが今年、その「汗」がカギとなる紫外線対策が誕生したんです。それは、アクアブースター技術という新技術。なんと、「汗や水に触れることで、紫外線をブロックする膜が強くなる」のだとか!?

日やけ止めの常識を変える大ニュース

「アクアブースター技術」を開発した資生堂の実験では、「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めと、ウォータープルーフ搭載、これまでのアネッサの日やけ止めを半顔ずつに塗って汗をかいた後の肌を測定した際、「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めを塗った側は紫外線をブロックする膜の強さがキープされたままという結果が。さらに、汗をかく前の肌と比較すると、紫外線をブロックする膜がより強くなっていることも判明したのです。

つまり、「アクアブースター技術」の開発により紫外線対策にとって大敵だった汗が味方に変わったということ。これは今までの常識を変えるような大ニュースといっても過言ではありません。

朝ランも外ヨガも心おきなく楽しめる

汗が味方になってくれるとわかれば、紫外線が強くなりはじめるこれからの季節も、臆することなく好きなことを楽しめます。

160203_anessa_01.jpgこれまでは帽子やサンバイザーなどで完全防備をしたり、少し汗ばんだだけで日やけ止めを塗り直したりと、紫外線ケアに気をとられがちだった「朝ラン」も、もう心配することはありません。今年は太陽を目いっぱい浴びながら、気持ちよく走ることができそう。

160208anessa_01.jpg

さらに、公園や海辺で行うのが気持ちいい「外ヨガ」だって安心。日差しの強さが気になって避けていたビーチヨガに、思い切ってチャレンジすることも可能です。

「アクアブースター技術」搭載の日やけ止めがあれば、太陽の下で汗をかいても、もう怖くありません。

これからは、夏が待ち遠しくなる

160216anessa_01.jpgそんな大注目の技術を搭載しているのが、資生堂の日やけ止め用乳液「アネッサ アクアブースターUV」です。SPF50+・PA++++という最高レベルの紫外線防御力にくわえ、繰り返し紫外線を浴びても紫外線防御力が下がりにくい「光スタミナ技術」、紫外線による乾燥などから肌を守ってくれる「紫外線ダメージ対応システム」など、これまでのアネッサの日やけ止め効果はそのままに、汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースター技術」が新たに仲間入りしました。これだけのパワーを持っていながら石けんで簡単に落とせるという、肌にやさしい一面も。

汗を味方に、さらに強くなった水にも負けない最強UV(※)「金のアネッサ」なら、これからの夏、マリンスポーツでの活躍が期待できそう。「銀のアネッサ」は、アウトドアスポーツなどのシーンでもうるおい、美肌をしっかりキープする「保湿UV」。

※ アネッサ内ウォータープルーフ効果として

効果はパワフルだけれど肌にはソフトという待ち望んでいた日やけ止めの誕生は、私たちの毎日をさらに充実したものに変えてくれるはず。太陽の光を浴びながら思いっきり汗をかいても素肌の美しさをキープできるなんて、今年の夏が楽しみでなりません。

アクアブースター技術」の秘密を動画でチェック!!

anessa_2.gif

撮影/タドコロミズホ 文/イトウウミ

[資生堂ジャパン,アネッサ,アクアブースター技術]

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!