1. Home
  2. EAT
  3. 予想外のおいしさ! オレンジ&フェンネルのサラダ【南イタリア美人レシピ】

予想外のおいしさ! オレンジ&フェンネルのサラダ【南イタリア美人レシピ】

1,289

マッツィテッリ福子

予想外のおいしさ! オレンジ&フェンネルのサラダ【南イタリア美人レシピ】

こたつにみかん、というのは日本の冬の代名詞ですが、イタリアでも冬はオレンジの季節。

柑橘類の産地であるここ南イタリアでは、私たちの家の庭にもオレンジの木が何本も立っていて、12月には食べきれないほどたくさんの実が。風邪を予防するビタミンCが豊富なので、冬は毎日摂るようにしています。

160129_italian_04.jpg
我が庭のオレンジ。やはり気候が適しているのか豊作。食べるのが追い付かずどんどん地面に落ちてしまうのがもったいない。

160129italian_03.jpg
こちらは頂きもののマンダリンオレンジとレモン。南イタリアのレモンは大きく、果汁が驚くほどたっぷり。

そのまま食べたり、ジュースやジャムもいいですが、南イタリアの定番はサラダ! 完熟の甘いオレンジを塩、酢、オリーブオイルで和えるだけと簡単ながら、予想外のおいしさです。

疲れた胃腸にやさしいフェンネルの力

今回は、さらにフェンネルをプラスしたレシピをご紹介。

フェンネルは地中海沿岸が原産で、南イタリアの食卓にはよく登場します。種や葉はスパイスや香草として、球根(鱗茎)はタマネギのように色々な料理に使われます。整腸作用、消化促進作用が知られていて、食べ過ぎたときにはフェンネルのハーブティーというのがイタリア人の常識だそう。

オレンジとフェンネルのサラダ(4人分)

160129italian_02.jpg

【材料】

  • ・スイートオレンジ 1~2個
  • ・フェンネル 1個
  • ・(A) レモン 1/2個、塩 適量、黒コショウ 適量、オリーブオイル 適量

【作り方】

  1. 1. オレンジは包丁で皮をむき、輪切りにする。あるいは、房ごとに分けて薄皮と白い筋を除く。
  2. 2. フェンネルは緑色の茎を切り落として細切り、白い部分は薄切りにする。
  3. 3. 1と2を器に盛り、フェンネルの葉を飾る。
  4. 4. (A)で調味して、味をなじませるため2時間ほど冷蔵庫で寝かせてできあがり。

消化を助けるフェンネルと、清涼感のあるオレンジを組み合わせたこのサラダは、肉や脂っこい料理の付け合わせにぴったりです。

写真・文/マッツィテッリ福子

編集者、ヨガインストラクター。2015年イタリア人男性と結婚し南部レッジョ・カラブリアに移住。食事も化粧品もアンチケミカル、ナチュラル志向。

あわせて読みたい

搾りたてオリーブたっぷり。冬の定番ごちそうスープ【南イタリア美人レシピ】

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析