1. Home
  2. EAT
  3. 美尻の秘密は、ルックスも履き心地も美しい新感覚ふんどしランジェリー

美尻の秘密は、ルックスも履き心地も美しい新感覚ふんどしランジェリー

小林繭

美尻の秘密は、ルックスも履き心地も美しい新感覚ふんどしランジェリー

世の中はバレンタインとチョコレートで賑わっていますが、日本ふんどし協会によると、「ふん(2)・ど(10)・し(4)」にかけて2月14日はなんとふんどしの日に制定されているそうです。

ふんどし愛用者が増えている理由

最近はふんどしを愛用する「ふんどし女子」なるものも増え、一度あの締め付けない開放感を体感すると病みつきになるとの声も。実際、締め付けないことが冷えやむくみ予防にもなるというのが大きな人気の理由だと思います。

ふんどし×パンティ、新感覚ランジェリー登場

そんなふんどしにインスパイアされた、新しいタイプの下着「FUNTY(ファンティ)」が登場しました。

20160201_funty_4.jpg

一番人気は、シルク100%の女性らしさを際立たせてくれる<左>VENUSのPINK/4,600円(税込)

そけい部の締め付けがなく、お尻全体をふんわりと包み込みながらパンティ風の可愛らしいデザインに仕上げたランジェリー。シルクやオーガニックコットン、フレンチリネンなどナチュラルな素材にもこだわっています。

20160201_funty_1.jpgVENUS-KIMONO (PLUM) 7,800円(税込)

普段使いにはもちろん、美しい和のテイストの丹波ちりめんや京友禅の反物を使い仕立てたKIMONOラインもあります。こちらはハレの日のランジェリーとして、和装の際にはぜひ纏ってみたいと思わせる一枚です。

ふんどしにはちょっと抵抗がある女性でも、FUNTYのものならまったく抵抗感なく着けられそう。むしろ、うっとりするようなデザインの可愛さに積極的に身に着けてみたくなるのではないかと思います。ふんわり柔らか、解放的な着け心地を体感するなら、まずは、就寝時に試してみるのがよさそうです。

[FUNTY]

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析