1. Home
  2. BODY
  3. 妊娠後期だ。さあ出産病院を決めよう【ドイツでママになる#16】

妊娠後期だ。さあ出産病院を決めよう【ドイツでママになる#16】

山中友希帆

妊娠後期だ。さあ出産病院を決めよう【ドイツでママになる#16】

気付けば妊娠後期。お腹もずいぶん前へせり出してきて、そろそろ出産病院を決めなければ。あれ? でもそれって遅すぎじゃない? そんなのんびりしてて、予約とれるの? と心配されるかもしれませんが、これがドイツスタンダード。分娩予約は通常、出産の約1~2か月前にするもの、とされています。というわけで、今回は先日参加した、とある病院の出産説明会・病院見学会のお話を。

パートナーと参加する病院説明会

出産設備(産科)のある病院はどこも「インフォ・アーベント」(直訳:情報の夕べ)と呼ばれる説明会を定期的に行っています。

大学の階段教室のような大部屋が会場で、19時すぎの開始時刻前にはすでに満杯(ざっと300人ぐらいはいたはず。少子化ってホント?)。しかもそのほとんどがパートナー連れでした。ドイツでは、平日でも「仕事で来れない!」という男性はあまりいないようです。

産科ドクターの挨拶にはじまり、スライドを使って病院のポリシーや設備、現状、医療介入、新生児科との連携などを説明してくれます。また助産師も同席し、実際病院でお産がどのように進むかの説明、入院病棟でのケア体制などの解説も。今回は4カ所目だったのですが、正直な感想をいうと、まあどこもだいたい一緒だな、と。

というのもドイツでは基本的に、出産ができる病院=新生児科もある設備の整った大病院だから。日本のように、セレブ病院があるわけでもなく、入院設備や食事といったサービス内容もほぼ一律、しかもかかる費用はすべて保険でカバーされるため、こちら側からすると、そう大差なく感じるのです。

見学できなかった、見学会

さて、説明会と質疑応答の後は、実際に分娩室と入院病棟などを見せてもらい終了。となるはずなのですが、当日はあいにく(?)たまたま(?)分娩室が満員御礼、助産師もフル稼働中! ということで見学部分はあえなくカットとなってしまいました。

残念だけど、仕方ない。まあそういうこともあるよね。ただし、見学はいつでも受け付けますということで、その場合は事前に問い合わせてくださいとのこと。ちなみに昨日問い合わせてみたら、「今日も満床なのよー! ごめんなさいねー! また懲りずに何回でも問い合わせてね!」とご返答。この病院とご縁ないのかしら......。違う病院にしたほうがいいのかな? 出産までにちゃんと見学できることを祈ります。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第15回】ベビーカーでもラクラクの子連れお出かけ事情

【第14回】日本とは別物。ドイツのベビーカー事情

【第13回】ドイツで買った、あると便利なマタニティグッズ

【第12回】まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

Photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?