1. Home
  2. EAT
  3. アメリカで注目「リデュースタリアン」という食生活

アメリカで注目「リデュースタリアン」という食生活

アメリカで注目「リデュースタリアン」という食生活

ベジタリアンになることにはさまざまなメリットがあります。肉中心の食生活よりも、野菜中心の食生活のほうがより健康で長生きすることは、科学的にも証明されています。

また、アメリカにおいては莫大な面積の土地が家畜の飼料を育てるために使用されており、環境保護の観点からもベジタリアンはすすめられるものです。

「リデュースタリアン」というあり方

しかし、実際には多くの人にとって「ベジタリアンになる」という選択は、あまり現実的なものではありません。

NATIONAL GEOGPAPHIC」の記事によると、ベジタリアンとまではいかなくても、肉の消費量を意識的に減らす生活をこころがける「リデュースタリアン」というあり方がアメリカで注目されつつあるそうです。

具体的な方法としては、

「月曜日は肉を食べない日など、一週間のうち特定の1日はベジタリアンの食生活をする」

「平日はベジタリアン、もしくはビーガンとして過ごして、週末だけ贅沢に肉を食べる」

(「NATIONAL GEOGPAPHIC」より意訳引用)

など、自分のできる範囲で食事から肉を減らすだけで、厳密なルールはありません

できることを継続するスタイル

「リデュースタリアン」の提唱者のひとりであるブライアン・ケイトマン氏は、

「食生活から厳密に肉を全部排除するよりも、単に肉の消費量を減らすことのほうが、多くの人にとって簡単で、実践しやすい」

(「NATIONAL GEOGPAPHIC」より意訳引用)

と話しています。ベジタリアンという高い理想をかかげて失敗するよりは、自分でできる範囲のことを継続していこうというスタンスとも言えるでしょう。

私自身も一度はベジタリアンになりましたが、結局、週に1、2回は肉を食べるようになりました。私の場合は肉を食べたいというよりも、ソーシャル面での理由が大きかったです。たとえば、仕事上の会食などで肉がだされれば、場の雰囲気に応じて食べるといった具合です。結果、図らずも「リデュースタリアン」となりました。

ちいさな意識の変化が、やがておおきな変化をもたらすことがあります。ベジタリアンにならなくてもリデュースタリアンとして、肉をストレスなく減らすことからならスムーズにはじめやすそうです。

NATIONAL GEOGPAPHIC

image via Shutterstock

メーテル徹子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 1足で3通りの使い道!? 優秀すぎるトレランシューズを履いてみた

    4. 冬の保湿対策の必需品! 顔・カラダ・髪に使える全身保湿オイルがすごい

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 人生が変わらないのは「自罰行為」のせい!? 人生を簡単に変える3ステップ

    7. タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

    8. クリスマスまでに届くSPギフト。冬限定のハッピーな香りアイテム

    9. ビューティ業界関係者がこぞって通いつめる痩身メニュー #クリニック体験レポ

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 疲れでも加齢でもない! 風邪をひきやすくする意外な理由

    3. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    4. ずっと元気でいたい? 簡単なのは食事を変えること。病気を防げる食べもの5つ

    5. 「脳動脈瘤」のせいかも。ズキズキする激しい頭痛、見過ごさないで

    6. すべてのランナーにおすすめ! 運動前にやっておきたいストレッチ6

    7. お尻と太ももの境界線がくっきり! 美尻トレーニング体験

    8. 人生が変わらないのは「自罰行為」のせい!? 人生を簡単に変える3ステップ

    9. 歯科矯正のメリットとは? いつまで受けられる?【歯や歯医者さん基本のき Vol.7】

    10. タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    5. 「乳がんの初期サイン」をレモンで表した写真が完璧!

    6. お尻と太ももの境界線がくっきり! 美尻トレーニング体験

    7. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    アメリカで注目「リデュースタリアン」という食生活

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More