1. Home
  2. EAT
  3. ココナッツオイルで作る簡単ヘルシーチョコレートレシピ

ココナッツオイルで作る簡単ヘルシーチョコレートレシピ

2,015

メーテル徹子

ココナッツオイルで作る簡単ヘルシーチョコレートレシピ

甘いものはダイエットの大敵だとわかっていても、なかなか止めるのは難しいもの。その悩み、ダイエットの邪魔をしないヘルシーなチョコレートがあれば解決しますよね?

カロリーの燃焼を助けたり、コレステロール値を下げたり、ココナッツオイルのダイエット効果の高さは有名です。そのココナッツオイルで簡単にチョコレートが手作りできるのをご存知ですか?

この「ココナッツチョコ」、生クリームやバターを使用しないのにリッチで濃厚な味わいが楽しめます。

アーモンドココナッツチョコレートを作ろう

レシピの一例として、「Coconut Recipes」に掲載されていた、アーモンドココナッツチョコのレシピをアレンジしたものを紹介します。

アーモンドココナッツチョコのレシピ

【材料】・ヴァージンココナッツオイル...半カップ・ココアパウダー...大さじ3・蜂蜜...大さじ3・アーモンド...数粒※蜂蜜の分量はお好みの甘さに合わせて調整してください

【作り方】1.ココナッツオイルを湯煎で溶かす2.溶けたココナッツオイルにココアパウダーを入れて混ぜる3.蜂蜜を入れてよく混ぜる4.砕いたアーモンドを入れて、軽く混ぜ合わせる5.湯煎から出して、ラップを敷いた容器に流し入れる6.粗熱が取れたら、冷凍庫に30分入れる7.固まったら、包丁でお好みのサイズに切って完成

材料を混ぜて冷やすだけなので、とても簡単です。蜂蜜を入れたあとによく混ぜないとかたよってしまいますので、そこだけ気をつましょう。

160127coconut1.jpg

口に入れるとココナッツの風味がふわっと広がりながら溶けていきますよ。アーモンドの代わりに、グラノーラやカシューナッツを使用してもおいしいです。アレンジもしやすいので、お好みの材料で作ってみるのも楽しいですね。溶けやすいので、残った場合は冷蔵庫で保存してください。

ココナッツオイルのダイエット効果と、カカオのポリフェノール効果が期待できる待望のヘルシーチョコ。家庭でこんなに簡単に作れてしまうなんて、うれしい限り。

甘いものを食べる罪悪感も、これで軽減できそうです。

NaturalHealthStrategies,Coconut Recipes

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?