1. Home
  2. EAT
  3. 日光を浴びるだけで、インフルエンザの予防になる

日光を浴びるだけで、インフルエンザの予防になる

吉川圭美

日光を浴びるだけで、インフルエンザの予防になる

いよいよインフルエンザのシーズンが本格的に到来しました。

家に帰ったらうがい、手洗いをする、機能性ヨーグルトを食べるなど、予防を心がけている人は多いでしょう。じつはほかにも、簡単にできるインフルエンザの予防法があります。それは日光を浴びること。

免疫力を上げる注目の栄養素「ビタミンD」

160126shiitake.jpg

しいたけやシャケなどに含まれている栄養素「ビタミンD」が、免疫力を上げると注目が高まっています。インフルエンザを予防するという話もあるから気になります。

季節性インフルエンザの予防にビタミンDが有効であることを、東京慈恵会医科大のチームが2010年3月に報告しています。それによると、ビタミンDサプリメント服用によって、発症率が半分近くに下がったということです。 実験は、平成200年12月~21年3月の流行期に、12の病院の協力で6~15歳の子供334人を対象に行われ、半数にビタミンD(30μg=1200IU)入りカプセルを、残り半数にビタミンDが入っていないカプセルを毎日与えました。 ビタミンD入りグループの発症率は10.8%で、ビタミンDなしの18.6%の約半分に収まったということです。

田中消化器科クリニックHPより引用)

体内で作り出すことができる栄養素

160127sun_2.jpg

じつはビタミンDは体内で作ることもできます。その方法は紫外線を浴びること。

免疫力を高めるために、意識的に屋外に出るようにすることが、体内のビタミンD量を増やすことにつながります。シミやシワが気になる人は、手のひらを太陽に向けるのもよいそう。

この冬は太陽の力を借りて、病気を寄せつけない身体をつくりたいと思います。

オーソモレキュラー.jp

imageshiitakevia Shutterstock、photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由