1. Home
  2. EAT
  3. 朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

冬になると、朝なかなか起きられない。そんな人も多いのではないでしょうか。あたたかいお布団の中でぬくぬくするのは、しあわせなひとときです。私もしばらくはそのぬくもりを楽しんでからベッドから出ます。

夏は日が昇る頃に目が覚めますが、冬はゆったり。冬でもがんばって日の出の頃に起きていたころもありますが、今は自然に目が覚めた時間に起きることにしています。だいたい6時半から7時くらいの間でしょうか。それより早く起きる必要があるときには、アラームをセットします。

朝の目覚めを悪くするもっとも手軽な方法は、遅い時間に夜ごはんをたっぷり食べることです。お腹がいっぱいの状態で眠ると、眠っている間も体は消化に忙しく、休むことができません。熟睡できず、寝起きもすっきりしないのです。

そのため眠る3時間前までには食べ終わっているようにしましょう。「夜」ごはんではなく「夕」ごはんが理想です。水分が多めで消化のしやすいものがおすすめです。スープと少なめのごはんやパン、あたたかいそばやうどんなどでしょうか。

そしてそろそろ眠ろうかな、というときには少しお腹が空いているくらいがちょうどいいと思います。もしお腹が空いて眠れないのであれば、倫理的に育てられた牛の牛乳を温め、ナツメグ、きび砂糖を加えて飲むのがおすすめです。安眠をうながしてくれます。

ポイントは、倫理的に育てられた牛の牛乳を選ぶことです。私たちは栄養素だけでなく、エネルギーも体の中に取り入れています。非人道的な方法で育てられた牛(狭い牛舎の中でつながれて一生を過ごすような)と、自由に歩き回り牧草を食べている牛の牛乳では、そのエネルギーはまったく違うとおもいます。おすすめは「想いやり生乳」です。

理想的な牛乳を手に入れるのが難しい場合は、リラックスできるハーブティを。おやすみ前の飲み物が楽しみになると、夕食を軽くすることが簡単になるかもしれません。

また、太陽の光を感じることで体は活動モードに入ります。寝室に朝日が入るような工夫をするのもおすすめです。

今日食べたもの:レタスのギー煮

寒くなると、レタスをサラダで食べるのはちょっと寒い感じがします。でも、レタスって加熱して食べると生で食べるのとはちがう魅力があります。作り方もとっても簡単です。

レタスは芯ごと4等分します。厚手の鍋にギーをたっぷり入れて加熱し、レタスを加えて切り口に焼き目をつけます。両面を焼いたらを振り、蓋をして弱火にしてコトコト。レタスがくったりしたらできあがりです。レタスから出たたっぷりのスープと一緒にどうぞ。

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら