1. Home
  2. EAT
  3. 朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

朝起きられないとき、どうする?【あるベジタリアンの食卓】

冬になると、朝なかなか起きられない。そんな人も多いのではないでしょうか。あたたかいお布団の中でぬくぬくするのは、しあわせなひとときです。私もしばらくはそのぬくもりを楽しんでからベッドから出ます。

夏は日が昇る頃に目が覚めますが、冬はゆったり。冬でもがんばって日の出の頃に起きていたころもありますが、今は自然に目が覚めた時間に起きることにしています。だいたい6時半から7時くらいの間でしょうか。それより早く起きる必要があるときには、アラームをセットします。

朝の目覚めを悪くするもっとも手軽な方法は、遅い時間に夜ごはんをたっぷり食べることです。お腹がいっぱいの状態で眠ると、眠っている間も体は消化に忙しく、休むことができません。熟睡できず、寝起きもすっきりしないのです。

そのため眠る3時間前までには食べ終わっているようにしましょう。「夜」ごはんではなく「夕」ごはんが理想です。水分が多めで消化のしやすいものがおすすめです。スープと少なめのごはんやパン、あたたかいそばやうどんなどでしょうか。

そしてそろそろ眠ろうかな、というときには少しお腹が空いているくらいがちょうどいいと思います。もしお腹が空いて眠れないのであれば、倫理的に育てられた牛の牛乳を温め、ナツメグ、きび砂糖を加えて飲むのがおすすめです。安眠をうながしてくれます。

ポイントは、倫理的に育てられた牛の牛乳を選ぶことです。私たちは栄養素だけでなく、エネルギーも体の中に取り入れています。非人道的な方法で育てられた牛(狭い牛舎の中でつながれて一生を過ごすような)と、自由に歩き回り牧草を食べている牛の牛乳では、そのエネルギーはまったく違うとおもいます。おすすめは「想いやり生乳」です。

理想的な牛乳を手に入れるのが難しい場合は、リラックスできるハーブティを。おやすみ前の飲み物が楽しみになると、夕食を軽くすることが簡単になるかもしれません。

また、太陽の光を感じることで体は活動モードに入ります。寝室に朝日が入るような工夫をするのもおすすめです。

今日食べたもの:レタスのギー煮

寒くなると、レタスをサラダで食べるのはちょっと寒い感じがします。でも、レタスって加熱して食べると生で食べるのとはちがう魅力があります。作り方もとっても簡単です。

レタスは芯ごと4等分します。厚手の鍋にギーをたっぷり入れて加熱し、レタスを加えて切り口に焼き目をつけます。両面を焼いたらを振り、蓋をして弱火にしてコトコト。レタスがくったりしたらできあがりです。レタスから出たたっぷりのスープと一緒にどうぞ。

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら