1. Home
  2. EAT
  3. その過食、味覚音痴が原因かも? 味覚リセットダイエット

その過食、味覚音痴が原因かも? 味覚リセットダイエット

1,100

その過食、味覚音痴が原因かも? 味覚リセットダイエット

過食癖がある人は、「味覚音痴」におちいっている可能性があります。とくに甘いものや炭水化物などをたくさん食べてしまう、または、いちど食べ始めると止まらないという人は、要注意です。

味覚音痴=味覚を感じられなくなっている

味覚音痴とは、素材そのものの味わいや薄味では、味覚を感じられなくなっている状態のこと。濃い味つけや人工調味料、刺激の強い香辛料などを好む傾向にある人が当てはまります。

味覚音痴になると、甘いものや味の濃いものを日常的に食べるようになるので、必然的に摂取カロリーが高くなります。味が濃いということは、油や調味料がたっぷり。ソースやケチャップ、みりんなどで調理されたものは糖質が多く、マヨネーズには脂質がたっぷり含まれているため、調味料だけでカロリー摂取が増えてしまいます。また、塩分の多い料理はからだがむくむ原因にもなるので、代謝が悪くセルライトができやすい体質になる可能性も。

このような理由から、味覚音痴になっていると太りやすくなるため、まずは過食の原因となる味覚音痴をリセットすることが必要なんです。

味覚をリセットするとダイエット成功率が高くなる

160122desert.jpg

味覚音痴をリセットして薄味に慣れてくると、甘いものやカロリーの高いものを食べなくても食事に満足できるようになるので、摂取カロリー減り、ダイエットにも成功しやすくなります

最初のうちは薄味に慣れずに食事に満足できないかもしれませんが、味覚は日々の食事でかんたんに治せるので、数日間続けてみましょう。

味覚音痴をリセットする方法

1.ハーブやスパイスで味つけする糖質、脂質、塩分の多い調味料(ケチャップ、ソース、マヨネーズ)の代わりに、ハーブやスパイスなどで味つけしてみましょう。新しい味との出会いで食事も楽しくなります。

2.白砂糖の代わりにミネラルの多い黒砂糖を使う調理やドリンクには、精製されている白砂糖よりも、栄養バランスのよい黒砂糖を使うのがおすすめです。

3調味料には頼らず「だし」を上手に使ううま味成分は脳が満足するので、甘いものを食べたい欲求を低下させられます。また、減塩もできるので一石二鳥です。

4レモンや酢などの酸味を加える塩分で味つけしたような仕上がりになります。普段、塩分の多いものを食べている人が減塩をするときのテクニックです。

5味覚をリセットする働きのある亜鉛を摂取する食品からでもサプリメントからでもOK。亜鉛は、魚介、肉、海藻、野菜、豆類に含まれていますので、積極的に摂取しましょう。とくにお酒を多く飲む人は亜鉛が不足しがちなので意識して摂ってください。

6舌をいつも清潔に舌に苔が溜まると味覚が鈍くなります。専用のクリーナーで定期的に舌の清潔を保ちましょう。

7食事は時間をかけてゆっくりと味覚音痴になって過食癖がある人は、食事時間が早い傾向があります。ひと口ひと口ゆっくり味わうことで味覚に意識が向き、味覚音痴をリセットできるようになります。

1週間ほど続けるとだんだん薄味に慣れ、過食癖も落ち着いてきます。過食癖に悩んでいる方は、どれかひとつから実践してみると、食事をストレスなく楽しめるようになるかもしれません。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた