1. Home
  2. STYLE
  3. 日本にいながらハワイにトリップする方法

日本にいながらハワイにトリップする方法

片岡理森

日本にいながらハワイにトリップする方法

ここ最近、「フラダンスを習いはじめた」という話を友人などから聞く機会が多くなりました。

数年前からひそかなブームになっていたフラダンスですが、スポーツジムのメニューなどにも登場するようになり、かなり身近な存在になっているようです。

大人の女性たちがハマる「フラ」の魅力とはどんなものなのでしょうか。

インナーマッスルを鍛える効果も

上体をまっすぐに保って膝を曲げ、骨盤の動きを意識しながら足を踏み出します。(中略)先生から「姿勢に気をつけて」とアドバイスされ、日々の姿勢の悪さを痛感しました。

太陽笑顔fufufuより引用)

けっして激しく動くわけではないけれど、姿勢を正したり、インナーマッスルを鍛えたりという効果もあるのだとか。

私の知人には、「腰痛が改善した」「便秘に効いた」という人も。ゆっくりとした動きで楽なダンスに見えますが、意外と筋肉を使うのでしっかりと汗もかけるんだそうです。

日本にいながらにハワイを感じられる

フラを踊るうえで、運動効果以上に注目されているのが、癒しの効果です。

歌詞の意味を受け止め、その情景を思い浮かべながら、音楽に身をゆだねていると、心も解きほぐされていくような気がしました。

太陽笑顔fufufuより引用)

私もハワイに行った際、本場のフラを鑑賞しましたが、ダンサーたちの何とも言えない優雅な動きと表情が印象に残っています。フラを習っている友人によると、「踊っているうちにとても幸せな気分になれる」のだそう。

また、ゆったりとしたリズムが心地いいハワイアンミュージックに合わせて踊っていると、まるでハワイにいるような感覚になれるのかもしれません。

楽しみながら身体を動かしたい、癒されたい、実際に旅行に行くのは無理でも脳内でハワイを感じたい、そんな気持ちを満たしてくれるフラダンス。

日本は真冬だけれど、心と身体で常夏を感じられるフラに、女性たちが次々にハマっていくのもうなずけます。

太陽笑顔fufufu

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析