1. Home
  2. STYLE
  3. 雪道で転ばない滑りにくい歩き方のコツ

雪道で転ばない滑りにくい歩き方のコツ

MYLOHAS編集部

雪道で転ばない滑りにくい歩き方のコツ

関東地方で久しぶりの大雪。滑りやすい雪道。夜は路面が凍るので、注意が必要です。

ホームセキュリティ「ALSOK」のサイトに、雪道で転ばない歩き方のコツが紹介されていました。

1.歩幅を小さくゆっくり歩く

足を大きく広げると、その分重心の移動も大きくなり、より転倒の原因になるそう。重心をなるべくゆらさないよう、小さな歩幅で歩くようにするといいそうです。

2.足の裏全体をつかって着地するようにする

通常はかかとから着地する歩き方が正しいと言われますが、道路が凍っている日や雪の日は別。足指のつけ根(つま先)あたりで着地するよう意識し、足の裏全体を地面につけるように歩きましょう。

3.膝から下は地面に垂直に

地面から足をあげすぎず、わずかに浮かせる程度にして進みましょう。足の裏全体を垂直に下ろすようにすると転びにくくなるそうです。

また、寒いからといって手をポケットに入れて歩くのも転倒の原因に。冷えるときはしっかり手袋をし、全身でバランスをとりながら、ゆっくり細かく、歩くようにしましょう。

冬は"ツルツル路面"に注意!雪道で転ばない歩き方って?-ALSOK

image via Shutterstock

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと