1. Home
  2. EAT
  3. まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

山中友希帆

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

ドイツではだいたい妊娠30週前後になると、「出産準備コース」に参加します。これ、日本でもある、いわゆる「母親学級」「両親学級」的なもの。初産婦さんは担当医から参加するよう強く言われるので、ほぼ絶対。今回は2人目なのでパスですが、前回の妊娠中には参加したときのことを少し。

リラックスムードすぎる講習会場

会場は出産設備のある病院が多く、講師は助産師。妊婦のみ参加するコースや、パートナー込みで参加するものもあり、開催時間もさまざまです。私が参加したのは「パートナー参加型の週末長時間」パターン。土日の2日間、朝10時~夕6時過ぎまでという、なかなかヘビーなものでした。

まず会場(総合病院産科の多目的室のようなとこ)に着いてびっくりしたのは、ピクニックにでも来たの? と目を疑うほどの大量のおやつ

「学びの場にそもそも食べ物が必要なのか? しかもこんなにたくさん誰が食べるのよ!?」

しかし、そこはみなさん(食欲旺盛な)妊婦。助産師が話している途中でも食べる食べる! 2日目が終わるころには、このおやつがほとんど消えていました......。

講義は、このおやつを取り囲む形で参加者が陣取り、好きな体勢で話を聞きながら進みます。バランスボールに座るもよし、クッションを枕に転がるもよし、「とにかく、自分がいちばん楽な姿勢で」というのが基本スタンス。このとき、たしか参加者は私たち入れて10組ほど。当時30歳の私は若いほうで35歳以上のカップルも多く、臨月の人や予定日まで3か月ほどある人もいて、月齢はけっこうバラバラでした。

講習の内容は?

  • 妊娠後期の不快症状を和らげる体操
  • どのように赤ちゃんが産まれてくるか
  • 陣痛の始まり方
  • 陣痛時の呼吸法や痛みをどうやり過ごすか
  • 陣痛時にパートナーができるマッサージ
  • 出産のリスクと起こりうる医療処置
  • 感染症の知識
  • 無痛分娩について
  • 帝王切開について

パートナーがとにかく積極的に参加

20160116_germanmama_12_1.jpg講師は前で模型や小道具を使いつつ説明(上の写真参照)、夫婦でメディテーション(瞑想)タイムなんかもありました。みんな積極的で、質問も頻繁に出るし、とにかく男の人たちがよく質問するのには感心。意識が高い!

ドイツでは出産後、パートナーも一緒に育児休暇をとることが多いうえに、立ち合い出産が主流だから、というのもあるのでしょう。そういえば、実際に分娩室に移動して、分娩室にある出産器具をどう使うかの実習もありました。ドイツの分娩室や分娩スタイルについてのお話はまた今度。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?