1. Home
  2. EAT
  3. まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

山中友希帆

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

ドイツではだいたい妊娠30週前後になると、「出産準備コース」に参加します。これ、日本でもある、いわゆる「母親学級」「両親学級」的なもの。初産婦さんは担当医から参加するよう強く言われるので、ほぼ絶対。今回は2人目なのでパスですが、前回の妊娠中には参加したときのことを少し。

リラックスムードすぎる講習会場

会場は出産設備のある病院が多く、講師は助産師。妊婦のみ参加するコースや、パートナー込みで参加するものもあり、開催時間もさまざまです。私が参加したのは「パートナー参加型の週末長時間」パターン。土日の2日間、朝10時~夕6時過ぎまでという、なかなかヘビーなものでした。

まず会場(総合病院産科の多目的室のようなとこ)に着いてびっくりしたのは、ピクニックにでも来たの? と目を疑うほどの大量のおやつ

「学びの場にそもそも食べ物が必要なのか? しかもこんなにたくさん誰が食べるのよ!?」

しかし、そこはみなさん(食欲旺盛な)妊婦。助産師が話している途中でも食べる食べる! 2日目が終わるころには、このおやつがほとんど消えていました......。

講義は、このおやつを取り囲む形で参加者が陣取り、好きな体勢で話を聞きながら進みます。バランスボールに座るもよし、クッションを枕に転がるもよし、「とにかく、自分がいちばん楽な姿勢で」というのが基本スタンス。このとき、たしか参加者は私たち入れて10組ほど。当時30歳の私は若いほうで35歳以上のカップルも多く、臨月の人や予定日まで3か月ほどある人もいて、月齢はけっこうバラバラでした。

講習の内容は?

  • 妊娠後期の不快症状を和らげる体操
  • どのように赤ちゃんが産まれてくるか
  • 陣痛の始まり方
  • 陣痛時の呼吸法や痛みをどうやり過ごすか
  • 陣痛時にパートナーができるマッサージ
  • 出産のリスクと起こりうる医療処置
  • 感染症の知識
  • 無痛分娩について
  • 帝王切開について

パートナーがとにかく積極的に参加

20160116_germanmama_12_1.jpg講師は前で模型や小道具を使いつつ説明(上の写真参照)、夫婦でメディテーション(瞑想)タイムなんかもありました。みんな積極的で、質問も頻繁に出るし、とにかく男の人たちがよく質問するのには感心。意識が高い!

ドイツでは出産後、パートナーも一緒に育児休暇をとることが多いうえに、立ち合い出産が主流だから、というのもあるのでしょう。そういえば、実際に分娩室に移動して、分娩室にある出産器具をどう使うかの実習もありました。ドイツの分娩室や分娩スタイルについてのお話はまた今度。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?