1. Home
  2. EAT
  3. まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

ドイツではだいたい妊娠30週前後になると、「出産準備コース」に参加します。これ、日本でもある、いわゆる「母親学級」「両親学級」的なもの。初産婦さんは担当医から参加するよう強く言われるので、ほぼ絶対。今回は2人目なのでパスですが、前回の妊娠中には参加したときのことを少し。

リラックスムードすぎる講習会場

会場は出産設備のある病院が多く、講師は助産師。妊婦のみ参加するコースや、パートナー込みで参加するものもあり、開催時間もさまざまです。私が参加したのは「パートナー参加型の週末長時間」パターン。土日の2日間、朝10時~夕6時過ぎまでという、なかなかヘビーなものでした。

まず会場(総合病院産科の多目的室のようなとこ)に着いてびっくりしたのは、ピクニックにでも来たの? と目を疑うほどの大量のおやつ

「学びの場にそもそも食べ物が必要なのか? しかもこんなにたくさん誰が食べるのよ!?」

しかし、そこはみなさん(食欲旺盛な)妊婦。助産師が話している途中でも食べる食べる! 2日目が終わるころには、このおやつがほとんど消えていました......。

講義は、このおやつを取り囲む形で参加者が陣取り、好きな体勢で話を聞きながら進みます。バランスボールに座るもよし、クッションを枕に転がるもよし、「とにかく、自分がいちばん楽な姿勢で」というのが基本スタンス。このとき、たしか参加者は私たち入れて10組ほど。当時30歳の私は若いほうで35歳以上のカップルも多く、臨月の人や予定日まで3か月ほどある人もいて、月齢はけっこうバラバラでした。

講習の内容は?

  • 妊娠後期の不快症状を和らげる体操
  • どのように赤ちゃんが産まれてくるか
  • 陣痛の始まり方
  • 陣痛時の呼吸法や痛みをどうやり過ごすか
  • 陣痛時にパートナーができるマッサージ
  • 出産のリスクと起こりうる医療処置
  • 感染症の知識
  • 無痛分娩について
  • 帝王切開について

パートナーがとにかく積極的に参加

20160116_germanmama_12_1.jpg講師は前で模型や小道具を使いつつ説明(上の写真参照)、夫婦でメディテーション(瞑想)タイムなんかもありました。みんな積極的で、質問も頻繁に出るし、とにかく男の人たちがよく質問するのには感心。意識が高い!

ドイツでは出産後、パートナーも一緒に育児休暇をとることが多いうえに、立ち合い出産が主流だから、というのもあるのでしょう。そういえば、実際に分娩室に移動して、分娩室にある出産器具をどう使うかの実習もありました。ドイツの分娩室や分娩スタイルについてのお話はまた今度。

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。