1. Home
  2. EAT
  3. 愛を受けとる余裕があれば、もっと愛される

愛を受けとる余裕があれば、もっと愛される

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,194

斎藤芳乃

愛を受けとる余裕があれば、もっと愛される

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

愛しあうことはとても素晴らしいことです。自分以外の存在から大切にされることで、今までには味わったことのない最高の喜びを体験するようになります。

今まで自信がなく、うつむいていた人生だったのに、恋人が出来たことで自信が持てるようになり、積極的になったり、「何もしてもらえない」と心を閉ざしていたのに、相手から何かをしてもらうことで自分の存在価値を認めたりと、恋愛によって素晴らしい変化が起こります。

けれども、実はこうした「与えられる喜び」に味をしめてしまうと、思わぬ落とし穴にはまることがあります。そしてその喜びがせっかく得た関係を壊してしまうこともあるんですね。なぜ、与えられる喜びが、関係を壊してしまうことにつながるのでしょうか?

●愛されるともっと愛してほしくなる

その理由は、与えられることによって「期待」が生まれてしまうためです。「今までしてくれなかったこと」をしてもらえるようになったとき、人はそれを感謝して受け取るだけではなく、「もっとしてくれるかもしれない」という欲求を持ちます。

例えば、「ここまでプレゼントもしてくれたし、わがままもきいてくれたし......。もっと相手が与えてくれるかも知れない」とつい思ってしまうんですね。すると、ここから心理的な駆け引きがはじまります。

・もっと頑張ってくれたら、私はもっと私の価値を感じられるの!・これくらいで簡単にYesと言ってしまったら、まるで私に価値がないみたい!

このように、相手が自分を愛してくれていることをもっと感じようとしたり、確かめようとして、「今相手が与えてくれていること」よりも、さらなる要求を無意識にしてしまう人が、女性の中でも少なくありません。

特に、「今までこんな経験なかった!」という時ほど、無意識にこういった心理になりがちで、その結果、相手が「おまえにはついていけなくなった」「わがままばかり」となって、別れを切り出されてしまう......ということが起きるのです。

素直な欲求ではあるものの、いったんこのようになってしまうと、「わがまま言ってしまってしまってごめんね。」と相手に伝えたとしても、相手には「要求されることへの恐怖」が生まれていますので、復縁すら難しくなってしまうのです。

●相手を試してしまうのは過去の痛みから

なぜこうした欲求が生まれるかというと、これは決してわがままではなく、「子ども時代に充分に愛されなかった、満足させてもらえなかった」という体験があるからなんですね。

がんばってもなかなか愛されなかったがんばっても注目してもらえなかったがんばってもあまり褒めてもらえなかった

こうした過去があると、「本当に? 本当に愛してくれている? 注目してくれている? 私に価値を感じてくれている?」と、相手に対して要求し続けてしまうんですね。これは、プレッシャーをかける心理的な試し行為となり、相手には負担になります。

●目の前の相手に「ありがとう」を

こうした「隠された期待」に気付いたら、相手を試す行為はやめて、今の相手がしてくれることのみをありのまま「ありがとう」と感謝してみましょう

もっともっと、と「未来の行動」を相手に要求するのではなく、ただ「今の相手がしてくれたこと」に価値を置いてみます。

同時に、「その人とまだ出会っていなかった過去と比べて」あなたがどれくらい恵まれるようになったか、そこを意識ながら、その感謝の気持ちを伝えてみてください。期待されることを喜びに感じる男性の場合は、要求としての期待ではなく、信じることや喜びとして期待を伝えてみてください。

相手からの行為をただありがとう......と笑顔で受け取れるようになると、逆説的ですが相手はもっとあなたに愛を与えたくなるんですね。

愛は「もっと!」と要求する人に対してではなく、受け取る余裕がある人の元に訪れます。未来ではなく、今に常に目を向けて、今あるものに感謝することで、そこから「さらにもっと愛される」あなたの人生を始めていってくださいね。

image via Shutterstock

    Ranking

    1. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    2. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    3. 一度ついたら取れない「生乾きのニオイ」、リセットする方法は?

    4. 1人分100円以下の材料で。「伝説の家政婦」志麻さんが、毎日の料理をおいしくするためにしていること

    5. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    6. うっかり解凍した食材、冷凍庫に戻してもいいですか?

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 2021年6月14日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    1. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    2. あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

    3. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    4. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    5. 頭痛には、どんな栄養を摂るべき? 管理栄養士が控えるべき食品も紹介

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    8. 顔のツヤは「好印象を与える」「実年齢より若く見える」は本当? 科学的に検証

    9. ストレスが68%もダウン。心と体をラクにする「読書セラピー」

    10. うっかり解凍した食材、冷凍庫に戻してもいいですか?

    1. 簡単すぎて絶句。おいしすぎる「焼きナス」の作り方

    2. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    3. 【心理テスト】底抜けに明るい? 冷静沈着? あなたの「五月晴れ」度

    4. DEOCO.はどうやってオトナ臭をケアするのか。30代以上は真剣にシャンプーを選ぼう

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

    7. 栄養不足と思ったら、とりあえずこれ食べよう。管理栄養士考案、レンジで「ブッダボウル」

    8. いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

    9. 「目に入るたびにうんざり」とサヨナラ。汚れたキッチンタオルはあそこへポイ

    10. ごはん日記の舞台裏。キッチンの「ガラクタ」は宝物/こぐれひでこさん[前編]

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら