1. Home
  2. EAT
  3. 日本とは別物。ドイツのベビーカー事情【ドイツでママになる】

日本とは別物。ドイツのベビーカー事情【ドイツでママになる】

2,439

山中友希帆

日本とは別物。ドイツのベビーカー事情【ドイツでママになる】

「どんなベビーカー使ってるのか教えて!」

日本での出産を控えた友人によく聞かれることのひとつ。海外ブランドのベビーカーでかっこよくお出かけしている有名人たちの影響でしょうか、ドイツのベビーカー事情もみんな気になるようです。

確かに、待ちに待った赤ちゃんとのお出かけ、おしゃれにキメたい気持ちはよくわかる。けれど、私の答えは毎回同じ。

「ドイツのは全然参考にならないから、買うなら日本のメーカーの、人気売れ筋商品を選ぶべし!」

ちょっとガッカリさせてしまう回答で申し訳ないのだけど、日本とドイツでは気候、道路交通事情、人口密度、を含めた子育て環境が大違い。日本で子育てするなら、やはり日本のものがいちばん! が私の意見なのです。

3変化が当たり前、ドイツのベビーカー

3変化、と言われてもピンとこないかもしれませんが、ドイツではキャリーコット・通常シート・車用シートベビーカーを3つのかたちで使い分けます。

20160123_germanmama_1.jpgまずは、キャリーコットをはめこんだ状態の我が家のベビーカー。大きいでしょう? 日本で暮らす友人に「なにこれ! 手押し耕運機!?」と言わしめたほど。私もドイツに来たばかりのころは、このサイズのベビーカーでみんなお散歩していることに驚いたものです。ベビーカーは上の写真のようなキャリーコットと通常シートとがセットで売られている場合がほとんど。新生児のうちはキャリーコット、お座りできるようになったらシートを使用します。

20160123_germanmama_2.jpg通常シートの状態(もちろん対面型にすることも可能)

20160123_germanmama_3.jpg冬の寒さが厳しいためフットマフは必須アイテム

通常シートでもフルフラットにはなるので、赤ちゃんのねんねには問題なし。でも、キャリーコットは言い換えれば快適性◎の移動型ベビーベッド。おふとんや毛布を敷いて赤ちゃんをぐるぐる巻いてやると、安心するのかほんとによく眠ってくれます。

さらに、専用アダプターを取り付けて、自動車用ベビーシートをベビーカーに装着することも。車でスヤスヤ眠ってしまった赤ちゃんを、起こすことなくそのまま移動させられるので、これは買い物のときなどに重宝。

20160123_germanmama_4.jpg車移動が多いドイツでは保有率高め

というわけで、ドイツで主流のタイプは日本でよく見るものとはまるで別物だとおわかりいただけたでしょうか。おそらく日本では「コンパクトで、軽くて、畳んで自立する」ものが好まれるのに対し、ドイツのベビーカーはいつだって「大きくて、重くて、簡単には畳めない!」のが普通。でもこれにはれっきとした理由があって......。

そのお話はまた次回。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第13回】ドイツで買った、あると便利なマタニティグッズ

【第12回】まるでピクニック? 大量のおやつと一緒に出産準備

【第11回】即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?