1. Home
  2. EAT
  3. 即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった【ドイツでママになる】

即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった【ドイツでママになる】

1,027

山中友希帆

即日退院もざら。産後すぐの母子同室がきつかった【ドイツでママになる】

ドイツでの出産経験を振り返ってみて、つらかった! と思うこと、もちろんあります。

それは「母子同室」。日本のように、出産後しばらくは赤ちゃんを新生児室で預かり、まずはママの回復を優先させる、といった考え方はないようです。よほど特別な事情がない限り、産後はすぐに母子同室となり、さっそく赤ちゃんのお世話が始まります。

休めない、眠れない、精神崩壊寸前

長期戦の末、真夜中に出産となったわたし。まだまだいろんな痛みが残るなか、疲労困憊の状態でいきなり始まった「母子同室」

休みたい気持ちでいっぱいだけれど、赤ちゃんにとってそんなことはおかまいなし。ぎゃんぎゃん泣くし、おむつ替えだって授乳だって......。何とかしなきゃと思っても、初めてのことで、右も左もわかりません。けれども、病院側の対応はじつにあっさり。自分から手を挙げて聞かなければ教えてくれないし、産婦ひとりひとりに寄り添ったケアも特にないのです。

20160108_germanmama_11_1.jpg入院していたのはこんな2人部屋

意識もうろうとするなか、どうにかこうにか赤ちゃんを寝かせ、自分も横になって目をつぶると、今度は他の赤ちゃんが泣きだし......。そう、ドイツでは2人部屋が基本。隣の赤ちゃんが泣けば、当然そのママが、部屋の電気をつけて、オムツを替えて、授乳して。やっと静かになって電気が消えたと思うと、今度はまた自分の赤ちゃんの番。

「あぁもう、3時間でいいから預かって! 私を寝かせてください!!」

何度も発狂しそうになりながら、気づけば夜明け。結局、一睡もすることなく翌朝を迎えたのを覚えています。

家に帰った方がラク? 即日退院のツワモノも

そんな理由からか、あるいは質素すぎる入院食のせいか、病院にいるよりも、さっさと自宅に帰ってしまったほうがゆっくりできる、と考える人も多いドイツ。入院期間は短く、だいたい自然分娩で2~3日帝王切開で4日~1週間程度です(体調によっては延長も)。なかには出産後、数時間病院のベッドで休み、その日のうちにサクッと退院してしまう人もめずらしくありません。(わたしには考えられませんが......)

退院してからも眠れぬ日が続くのが新生児育児。せめて病院にいる数日間ぐらいは、ママのからだの回復優先で、赤ちゃんのお世話をサポートしてくれる体制があってもいいのになぁ。入院食同様、これまた日本で出産するママ達を羨ましく思うのでした。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第10回】自分に合う助産師の選び方

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?