1. Home
  2. STYLE
  3. 計画を練るだけでは不十分。しあわせな未来のための選択

計画を練るだけでは不十分。しあわせな未来のための選択

30代からのやさしい愛のはじめ方

計画を練るだけでは不十分。しあわせな未来のための選択

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

いよいよ2016年がはじまりましたが、みなさんは今年1年をどんな年にしたいでしょうか? やはり、自分が「人生で最高の1年だったな」と思えるような、そんな幸せな変化を引き起こしていきたいですね。

今回は、「未来のためにどんな選択をしていけば、無理なく自分の人生に幸せな変化を引き起こせるのか」についてお伝えしていきたいと思います。私たちの日常生活に幸せな変化を引き起こすためには、実際に「今までとは違った行動」をとっていく必要があります。

とはいえ、なかなか新しい選択や習慣を始めたり、定着させたりできないのが人間というもの。そんなときは、ある視点を持つことがとても効果的です。

●幸せな未来は、選択の積み重ねで起きる

私たちが自分の人生に向き合い、新しい変化を引き起こしていくときは、将来どんな生き方をするのか、そういう女性になるのか、どんな生活をしていきたいのか......そんなふうに未来に向けた計画を練るだけではじつは不十分なんですね。

それはなぜかというと、目的達成ありきになってしまう場合、自分自身がその努力の犠牲になってしまったり、継続することがしんどくなってしまう......ということもしばしば起きてしまうためです。未来につながる幸せな選択をする時は、「なりたい将来」を選ぶだけではなく、もう一つ、別の視点を持つ必要があります。

それが、今回お伝えしたい「これから自分にどんなことを感じさせたいのか?」という視点です。目的だけでなく、そのプロセスも含めて、「どんな在り方をしたら、自分が幸せを感じていられるだろうか?」ということを想定してみるのです。

●その都度、自分の「なりたい結末」を選択する

たとえば、あなた自身を虐める嫌な人と関わりを持ち続けているとしたら、その人と関わっている限り、泣き続けることしかできなくなります。しかしそうではなく、もし「私はこれから自分に喜びを感じさせたいし、もっと明るく人生を生きていきたい。そのために、違う人との関わりを持ってみよう、もっと優しい人と積極的に関わろう」と思い実行することができたら、あなたは新しい人間関係の中で笑顔でいることを選べるようになります。 もしも自分のことを卑下し、積極的に自分のマイナス面ばかりを見て「どうして私ってこんな人間なの?」と責めることが続けば、私たちの気持ちはどうしても落ち込んでいってしまいます。

しかしそうではなく、もし「私は、安心を感じ、自信を育てながら生きていきたい。そのために、自分の味方になることを選び、私は自分のことを褒めてあげよう」と思い実行することができたら、その瞬間に、温かい気持ちでいることを選べるようになります。

このように私たちは、「自分にどんな感情を味わわせるのか?」を基準にして、外側の環境や自分の行動を選択していくこともできるんですね。

今この瞬間に自分自身が選び取ることができるからこそ、「その行動の結果、自分が何を味わうのか」も変えていくことができるんです。

●自分に「幸せを感じさせる」未来を先取りしながら行動する

この世界には光と闇、苦しみと喜び、その両方があることは確かです。だからこそ、ぜひ「あなたに苦しみを味わわせないこと」を選択してあげてください。

あなた自身が喜びにあふれ、楽しさを感じ、自由を感じ、心から幸せを感じられるそんな「在り方」ができるように、何よりもあなたのために、自分の行動や環境を選択をし直してあげてください。

マイナスを手放し、プラスの側面や光を拾い上げると決め、自分が結果的に幸せを感じられるような行動を、今この瞬間選択すること。あなたが最高に幸せを感じられる選択を今この瞬間にすることができれば、それだけで、あなたの人生は大きく変わっていくのです。

2016年を最高の年にするために、この新しい選択のクセを身につけて、「こんな幸せ味わったことなかった」という1年にしてみてくださいね。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」連載記事一覧

top image via Shutterstock

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン