1. Home
  2. MIND
  3. 1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」です。今冬は年末年始と妙にあたたかい気温が続きましたが、1、2月はそれなりに気温も下がるようです。あたたかい冬に慣れてしまった身体には寒さがいつもよりこたえるもの。「風邪の日」を機会に、健康管理を見直し、免疫力を高める努力をしたいものです。

免疫力アップによい食べもの

Le Parisienの最近の記事によれば、免疫力を高める食品や補助食品のおすすめは以下の4つ

エキナセア(シロップ、カプセル剤、ハーブティなど)

プロポリス(カプセル、エッセンス、粉状、スプレーなど)

ビタミンC(果物で摂るのが一番)

グレープフルーツシードエキス

その中でも、最も効力があるのは、グレープフルーツシードエキスだそうです。

自然の抗生物質と呼ばれるほど

エキナセアは普段からハーブティでよく飲んでいますし、プロポリスも飲んでいたことがありましたが、グレープフルーツシードエキスは今まで使ったことがありませんでした。

読んでみると「自然の抗生物質」と名付けられるのもなるほどで、その効果は広範囲におよびます。

グレープフルーツシードエキスの作用は、消炎と殺菌力に優れ、800種のバクテリア・ヴィールスへの効力が確認されています。内服により、炎症の予防ができ、またすでに炎症を起こしてしまった諸症状にも効きます。

たとえば、胃腸炎、食中毒、下痢、寄生虫病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍(ヘリコバクター・ピロリ(通称ピロリ菌)を殺菌します)、カンジダ菌などの真菌、風邪、耳鼻咽喉の感染症、インフルエンザ、気管支炎、慢性的疲れ、免疫力の低下に効力を発揮します。

(Le Parisienより翻訳引用)

子どもも飲みやすくおいしい

購入の際のポイントは、アルコールなし、保存料なし、添加物なしで、グレープフルーツ(Citrus Paradisi)のシードエキスと明記してある、液状のものを選ぶことだそうです。

気になって、我が家でも一瓶購入してみました。見た目は濃い茶色のエキスです。説明書き通り20滴を少量の水に薄めて飲んでみると、ほのかに苦いグレープフルーツの香りがします。思ったよりずっと飲みやすく、プロポリスは頑として嫌がった子どもも、抵抗なく飲んでくれました

これで、この冬は風邪知らず、医者知らずで過ごせるかしらと期待しているところです。

Le Parisien

image via Shutterstock

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    2. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. トレイルランナー福島 舞さん|My Favorite Sports vol.014

    7. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    8. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 過去の自分を慈しんでいますか? | 禅僧のおことば 20

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    9. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

    FBからも最新情報をお届けします。