MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. MIND
  3. 1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

1月9日は「風邪の日」です。今冬は年末年始と妙にあたたかい気温が続きましたが、1、2月はそれなりに気温も下がるようです。あたたかい冬に慣れてしまった身体には寒さがいつもよりこたえるもの。「風邪の日」を機会に、健康管理を見直し、免疫力を高める努力をしたいものです。

免疫力アップによい食べもの

Le Parisienの最近の記事によれば、免疫力を高める食品や補助食品のおすすめは以下の4つ

エキナセア(シロップ、カプセル剤、ハーブティなど)

プロポリス(カプセル、エッセンス、粉状、スプレーなど)

ビタミンC(果物で摂るのが一番)

グレープフルーツシードエキス

その中でも、最も効力があるのは、グレープフルーツシードエキスだそうです。

自然の抗生物質と呼ばれるほど

エキナセアは普段からハーブティでよく飲んでいますし、プロポリスも飲んでいたことがありましたが、グレープフルーツシードエキスは今まで使ったことがありませんでした。

読んでみると「自然の抗生物質」と名付けられるのもなるほどで、その効果は広範囲におよびます。

グレープフルーツシードエキスの作用は、消炎と殺菌力に優れ、800種のバクテリア・ヴィールスへの効力が確認されています。内服により、炎症の予防ができ、またすでに炎症を起こしてしまった諸症状にも効きます。

たとえば、胃腸炎、食中毒、下痢、寄生虫病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍(ヘリコバクター・ピロリ(通称ピロリ菌)を殺菌します)、カンジダ菌などの真菌、風邪、耳鼻咽喉の感染症、インフルエンザ、気管支炎、慢性的疲れ、免疫力の低下に効力を発揮します。

(Le Parisienより翻訳引用)

子どもも飲みやすくおいしい

購入の際のポイントは、アルコールなし、保存料なし、添加物なしで、グレープフルーツ(Citrus Paradisi)のシードエキスと明記してある、液状のものを選ぶことだそうです。

気になって、我が家でも一瓶購入してみました。見た目は濃い茶色のエキスです。説明書き通り20滴を少量の水に薄めて飲んでみると、ほのかに苦いグレープフルーツの香りがします。思ったよりずっと飲みやすく、プロポリスは頑として嫌がった子どもも、抵抗なく飲んでくれました

これで、この冬は風邪知らず、医者知らずで過ごせるかしらと期待しているところです。

Le Parisien

image via Shutterstock

Writing by冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    2. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    3. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    6. 「食べたら太る」から意識が変わった。Kellyボディを作るごはんの鉄則

    7. ウォーキング初心者が計画通りにより効果的に続けられる方法

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 糖質オフを失敗せず、効果的に取り入れるポイントとは?

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1月9日は「風邪の日」。免疫力アップに効果的な食べもの

    FBからも最新情報をお届けします。