1. Home
  2. EAT
  3. 皮が黒くなってから食べなさい。いま話題の黒バナナ健康法

皮が黒くなってから食べなさい。いま話題の黒バナナ健康法

1,021

皮が黒くなってから食べなさい。いま話題の黒バナナ健康法

傷まないうちに、と買ってきてすぐにバナナを食べていませんか? できることなら黒くなるまで待った方がいいみたいです。バナナは黄色い状態よりも、黒い斑点が出ている状態のほうが身体にいいと唱える健康法が、いま話題となっています。

バナナは熟成されるとパワーアップ

鶴見クリニック理事長で医師である鶴見隆史さんの著書1日1本で医者いらずになる 黒バナナ健康法』にはそんな黒バナナのすごいパワーが紹介されています。

そもそも黒バナナとは、黒い斑点が大きくなったり、薄茶色の斑点も出て、それが大きく濃くなった状態のバナナのこと。この斑点が全体の6割程度まで広がったものです。購入初日が黄色だったら、それから5日〜7日経ったものを指します。この黒い斑点はバナナが熟成してきた証

もともと栄養が豊富で、朝のエネルギーチャージとして食べることも多いバナナですが、黒バナナになることで、その栄養がさらにパワーアップするんです。

疲れにくく、ダイエットにも効果的

黒バナナは、黄色のバナナに比べて、酵素がさらに増え、吸収されやすい状態になります。また、肥満になりやすくなるショ糖が減り、GI値(ブドウ糖:グルコースを100としたときの相対的な指標)が下がり、ゆっくり吸収されるので燃焼が持続するんです。さらに、ファイトケミカル(抗酸化物質)が大幅に増え、オリゴ糖もさらに増えます。

このように黒バナナを食べることで病気に強く、疲れにくい、さらには太りにくい体になる! というのが黒バナナ健康法です。

同書には、黒バナナを使ったレシピも掲載。グリーンスムージー、みたらし黒バナナといったものから、しっかりしたお料理まで簡単なのにおいしいものばかり。

その中から「黒バナナのゴマまぶし」をご紹介します。抗酸化作用のある白ゴマと黒バナナを合わせると、便秘やお肌のトラブル解消にも効果が期待できます。

「黒バナナのゴマまぶし」の作り方

|材料(1〜2人前)

・黒バナナ・・・1本

・白ゴマ・・・大さじ1

・めんつゆ・・・小さじ2〜3(お好みで)

|作り方

1.黒バナナを1.5cm角くらいに切る。

2.切った黒バナナとめんつゆを合わせる。

3.(2)に白ゴマをパッとふりかけ、サッとあえる。

酵素や食物繊維のパワーで、便秘や肌トラブル、不眠などにも効果があるとされる黒バナナ。今度からは買ってから少し寝かしてから食べるがスタンダードになりそうです。

image via Shutterstock

松崎桃子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    2. 筋肉のつく高タンパク質をワンプレートでおいしく。保存できるおかず7

    3. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    4. じつは若い人にも増えている。2型糖尿病ってどんな病気?

    5. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    6. 女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    9. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    7. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    8. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    9. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    7. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    皮が黒くなってから食べなさい。いま話題の黒バナナ健康法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More