1. Home
  2. EAT
  3. おせちのお供にも白湯を飲みたい理由【あるベジタリアンの食卓】

おせちのお供にも白湯を飲みたい理由【あるベジタリアンの食卓】

松永真美

おせちのお供にも白湯を飲みたい理由【あるベジタリアンの食卓】

あけましておめでとうございます。慌ただしい年末の雰囲気から一転、のんびりゆったりとした空気が流れている感じがあります。

お正月と言えば、おせち料理。それぞれに意味があり、日本の文化に根付いた伝統料理です。お正月に火を使うことをできるだけ避けるという物忌み、また正月三が日は主婦も家事をしなくていいようにと、保存がきくものが中心になったと言われています。

胃腸のことを考えると出来立ての温かいものが理想ですが、おせち料理は冷蔵庫や寒い部屋で保存をしている場合が多いもの。お正月を過ぎると胃腸に不調を感じる場合が多いのは、食べ過ぎ飲み過ぎだけでなく、冷えたものを食べることも関係しているのではないかと思います。おせち料理に限らず、出来立てでないもの、冷えたものを食べる場合には、よくかんで、白湯をすすりながらにすると胃腸の負担が軽くなります。食前に少量のお酒を飲んだり、スライスした生姜に岩塩をふったものを食事の30分くらい前に食べたりして、消化の火を上げておくのもおすすめです。

そして松の内が明ける1月7日の朝には、七草粥をぜひ。邪気を払い、1年を病気にならずに元気に過ごせると言われています。消化がよく、あたたかいお粥は、年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を休めるのにもぴったりです。昔の日本では、七草粥とは米、麦、粟、稗などの穀物を混ぜたお粥のことだったそう。七草が手に入らなければ、雑穀粥にしてもいいかもしれませんね。

今日食べたもの:お雑煮

お雑煮にはお餅がつきものですが、お餅はもともとお祝いのときなど特別な日に食べるハレの食べ物でした。新年を迎えるためにお餅をつき、神様に捧げる。そして、そのお下がりをいただくのがお雑煮です。お雑煮を作るための収穫ができたこと、無事にお雑煮を食べられることに感謝しながらいただきます。

昆布椎茸でとっただし汁で、京人参、大根、ごぼうを煮ます。野菜が柔らかくなったら塩、醤油で味をととのえます。焼いたお餅を入れてひと煮立ち。柔らかくなったら器に入れ、三つ葉をのせて柚子皮をおろしてできあがり。

>>「あるベジタリアンの食卓」連載記事一覧

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら