1. Home
  2. STYLE
  3. 自分に合う助産師の選び方【ドイツでママになる】

自分に合う助産師の選び方【ドイツでママになる】

山中友希帆

自分に合う助産師の選び方【ドイツでママになる】

助産師は自分で選ぶ! のがドイツ流、ということをお話しした前回。とうとう私も助産師との面談を実施するところまでこぎつけたので、今回はそのお話を。

まずは助産師探しから

ちょっとでもラクしたかったズボラな私は、かかりつけ婦人科で働く助産師さんに相談。産後ケアの助産師探してるんだけど、だれかいい人知らない? できれば経験豊富で、外国人慣れしてて英語もできるといいな......といくらか希望を伝えてみます。

すると、「いるいる! 家も近そうだし、この人なら間違いないから電話してみなさい!」と連絡先ゲット。なんてラッキー、聞いてみるもんだなと。善は急げとばかりに早速電話、出産予定日などを伝えると「まだ空いてるからだいじょうぶよ」とのこと。これまたラッキー。普通はここまでが結構大変なんだけれど。その場で面談の日時を決めて、待つこと一週間。

面談当日

やってきたのは60代半ば過ぎ(と思われる)の小太りで元気なおばちゃん。面談は、特に話す順番やルールがあるわけでもなさそうで、夫も同席してゆるりとお茶を飲みつつ、雑談も交えつつ、といった感じ。わたしも初産ではないので、全体の流れと事務的なことはわかっているし、省略しつつ。前回妊娠時の母親手帳と長女の子ども手帳も見せながら、要領よく話をしていきます。(母親手帳と子ども手帳についてはこちら

助産師さん側からの質問

・現在の健康状態・自然妊娠か、不妊治療をしての妊娠か・婦人科系病歴・家族の病歴・アレルギーの有無・出産予定病院と小児科は決まっているか・過去の妊娠歴・前回の出産について(どんなお産だったか)・前回の産前、産後のトラブルの有無・長女の育児全般(母乳orミルク、夜泣き、離乳食など)・今回はどんなお産を望むか・母乳(ミルク)に対する考え・お産に対する恐怖や不安はあるか・産後の家族のサポート(夫の育休)の予定など

2人目の出産だからこその質問もあったりで多岐にわたりました。妊婦である「私個人」だけでなく、「家族全体」のこととして今回の妊娠出産を見てもらえている気がして、また、私たち夫婦からの質問にも丁寧に答えてくれ、心地良く安心して話すことができました。

この人なら任せられそう、いや、逃してはならない! という直感がはたらき、その場でお願いすることに。今後は出産までは毎月一回のペースで訪問カウンセリングを受けることになります。臨月に入ったら希望があれば鍼もするよ、とのことで、これは助産師さんの自宅に私が出向くことになりそうです。

ドイツでは臨月になるとスムーズなお産のために週一のペースで鍼をうける妊婦さんが多いのですが、この話はまたいつか。

>>「ドイツでママになる」連載記事一覧

【第9回】出産前に保活ならぬ、助産師活がある

【第8回】えっ、これだけ? たよりなさすぎるドイツの入院食

【第7回】マタニティーマークはあるの?

【第6回】とにかく頼りになる。産後の助産師訪問ケアがすごい

【第5回】超実用的な母子手帳は2冊ある

【第4回】妊娠・出産費用は全額保険でカバー

【第3回】もっと太ってね。日本とは対照的な妊娠中の体重管理

【第2回】間抜けな姿で歩く、オープンすぎる診察室

【第1回】本場のコウノトリがやってきた!

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由