1. Home
  2. STYLE
  3. 出産前に保活ならぬ、助産師活がある【ドイツでママになる】

出産前に保活ならぬ、助産師活がある【ドイツでママになる】

出産前に保活ならぬ、助産師活がある【ドイツでママになる】

ドイツでは産後、助産師による自宅訪問ケアのサービスを受けられることについてお話をしました。さて、このサービス、助産師は自治体? 出産した病院? かかりつけの婦人科? からやってくるの? いいえ、自動的に来てくれるわけではありません。妊婦が助産師を「自分で選ぶ」ところからすべてがはじまるのです。

助産師は自分で選ぶのがドイツ流

まずはドイツの助産師の就業形態について、簡単に説明しておくと、

1. 病院や助産院に所属し、そこで働いている2. 個人(自営)で助産師として仕事をしている3. あるいはその両方

分娩の時にお世話になる助産師は、その病院に所属して働いていることが多く、シフトがあるので、お産をどの助産師に担当してもらうことになるのかは事前にはわかりません。けれど、産後に自宅訪問してくれる助産師は「助産師協会」のようなものに所属し、個人で仕事をマネジメントしている人がほとんど。だから、出産前から妊婦が自分で助産師を探して、産後誰にケアしてもらうのかをあらかじめ決めておくことができるのです。

誰でもいいわけじゃない大切な存在だからこそ

人気の助産師はかなり早い段階で予約が一杯になってしまうので、「助産師探しは妊娠初期のうちに」などと言われることも。けれど、妊娠初期に出産後のことなんてなかなか考えにくいですよね。それでも自分が行動しなければ、助産師難民になってしまうわけで(もちろん必ずしもこのシステムを利用する必要はありませんが)、なかなか妊婦にとっては気合いのいるミッションです。助産師には、本当にいろいろお世話になるため(体とメンタルのケア、赤ちゃんのケアなど)、誰でもいいというわけではない! というのがドイツ人の考え方。しっかり向き合い、妥協はしません。どんな対応ができるのか(人によっては鍼やホメオパシーの施術ができたり)、話せる言語は何か(ドイツは移民の多い国なので2、3か国語話せる人も)など、病院でもらえる「助産師ブック」やウェブサイトの情報をたよりにターゲットを絞ります。

そして、その後の流れは

アポ取り→ 自宅に招いて面談 → 契約

文字にしてしまうとこれだけなのだけれど、これが結構な重労働。近いところに住んでいる人を中心に、まずは電話やメールで面談のアポを取ろうとするも、返事がない、断られるなんてことはしょっちゅう。なんとか面談のアポを取り付けても、どんな人なのか実際に会って確かめて、納得できなければまたふりだしに戻る、のです。(とは言っても会ってしまったら断りにくいよ......と思うのは私が日本人だからでしょうか)

そんなこんなで、私も先日めでたく(?)先日自宅に助産師さんを招くところまでこぎつけ、面談を実施。無事に契約に至ったのか? その詳細は、また次回。

山中友希帆

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    出産前に保活ならぬ、助産師活がある【ドイツでママになる】

    FBからも最新情報をお届けします。